睡眠・リラクゼーション

ベネクス、柔らかな触り心地を実現したガウン・パジャマ・枕カバーなど寝具系分野に参入

2016.03.07 14:14 更新

 休養・睡眠時専用のリカバリーウエアを開発・販売するベネクスは、ナノプラチナなど微弱な電磁波(赤外線)を発する数十種類の鉱物を練り込んだポリエステル素材に、綿を50%の割合で混合した特殊繊維「PHTスーピマコットン」を新開発した。

 複数の製造工程を経て生産する、ナノプラチナなど鉱物を練りこんだ同社独自開発の繊維「PHT」(100%ポリエステル)を紡ぎ、さらに短くカットし、それらと「綿」をよった新繊維が「PHTスーピマコットン」となっている。

 新素材には最高級品質の綿(コットン)として知られる米国産のスーピマコットンを採用した。その高品質な綿を50%配合した繊維のため、従来の「PHT」の時と比べて、20%軽く、柔らかい触り心地の生地づくりが可能となった。

 今回、その新繊維を使い、寝具系商品とラグジュアリーウエアの新分野に参入する。新シリーズ「スリープ」と「コンフォート」を立ち上げ、これまでの100%ポリエステル素材では難しかった、生地の風合いや肌ざわりの心地よさを追求した商品を展開する。

 「スリープ」シリーズはガウンやパジャマ、枕カバーなど寝具系商品8型(22商品)を、「コンフォート」シリーズはカーディガンやワンピースなどラグジュアリー系ウエア19型(46商品)を発売する。ともに、綿の風合いを最大限生かすため、ゆっくりと編み、柔らかな仕上げにするなど、編み方にもこだわった商品群となっている。

 それら新商品を、2016年秋頃から全国の百貨店および同社ホームページほかで販売を開始する。また、同社がオープンする「休養」をテーマにした日本初のセレクトショップ(三越伊勢丹が名古屋駅前にオープンする新業態「イセタンハウス」内)では、3月9日から先行販売を行う。

[小売価格]1万4040円~2万7000円(税込)
[発売日]3月9日(水)※セレクトショップ

ベネクス=http://www.venex-j.co.jp/


このページの先頭へ