睡眠・リラクゼーション

アイシン精機、ベッド・マットレス・寝装品の「ASLEEP」ブランドを強化、新製品「SFF-JPXニット」など発売

2016.02.15 19:16 更新

 アイシン精機は、2月から同社のベッド・マットレス・寝装品ブランド「ASLEEP」(アスリープ)の製品・販売強化の取り組みを開始する。“30年耐久素材、FINE REVO(ファインレボ)。上質な眠りを、ずっと。”のメッセージを打ち出した初のテレビCMを全国で放映するとともに、新製品としてカバーの日干し水洗いが可能なシリーズに柔らかな肌触りを加えたニット生地のマットレス「SFF(スーパーフレックスフィット)-JPXニット」「SFF-JMXニット」、購入時にパーツがセミオーダーできるマットレス「エクセシオール」と、使用している寝具に載せるタイプの薄型マットレス「ファインレボオーバーレイ『キーポス』」を2月13日から発売した。

 今回のブランド訴求強化の取り組みでは、ASLEEP独自の弾性樹脂素材「FINE REVO」による、30年使用相当の実証実験でもヘタリが無い耐久性をあらためて強くアピールすることで、スプリング・ウレタンが主流となっているベッド・マットレス市場で、クッション材に樹脂素材を採用した「第3のベッド」として認知されることをめざしていくという。2月13日からオンエアが開始されるブランド訴求のテレビCMでは“30年耐久素材、「FINE REVO」。上質な眠りを、ずっと。”とのメッセージを展開し、「FINE REVO」をキャラクター化した「ASLEEP MAN(アスリープマン)」が家族の快適な眠りを支える役割で登場する。また同時にプロモーション動画も制作し、WEBサイトで公開する。

 ブランド訴求強化に併せて発売する洗えるニット生地のマットレス「SFF-JPXニット」「SFF-JMXニット」は、マットレスのカバーを取り外せて洗濯ができ、清潔に使えることと、伸縮性が高い柔かなニット素材でのフィットする寝心地が特長となっている。また、ASLEEPマットレスの特長であるカスタマイズシステムを強化した新製品「エクセシオール」も受注を開始する。カスタマイズシステムは、購入時に消費者一人ひとりの眠りの適性に合わせ、マットレスの硬さやカバーの質感、ヒーター機能付き、抗アレルギー加工等の付加機能を選択できる。また購入後には劣化したパーツを取り替えることで寝心地をリフォームできる。このシステムを強化した新製品「エクセシオール」は、消費者の身体にぴったり合うよう標準グレードでは選べない硬さや幅広い組み合わせを可能とし、特別仕様パーツも搭載したセミオーダーマットレスとして発売する。その他、同時期に発売する「ファインレボオーバーレイ『キーポス』」は、使用中の寝具に載せて使用するタイプで、手軽に「FINE REVO」による快適な寝心地を体験できる。

[発売日]2月13日(土)

アイシン精機=http://www.aisin.co.jp/


このページの先頭へ