睡眠・リラクゼーション

東京西川、簡単に高さを調整できるセルフ調節ピロー「ラクネル」の2タイプなど発売

2016.02.15 19:11 更新

 東京西川(西川産業)は、今回、いつでも簡単に高さを調整できるセルフ調節ピロー「ラクネル」の2タイプと、ベストセラーの「医師がすすめる健康枕」シリーズから特に肩のこりやすい人におすすめする「もっと肩楽寝 Premium」を発売する。「ラクネル」は2月中旬から、「もっと肩楽寝 Premium」は3月下旬から全国の百貨店や専門店、家具店などで展開する。進学や就職、転勤など変化の多い春、健康の源である快眠のために、新しい枕で新生活を始めてみては。

 「ラクネル」は、「いつでもラクラク!セルフ調節ピロー」をテーマに開発した、枕に頭を置くだけで高さを自在に調整できる新発想の枕となっている。枕本体の横にある通気孔のキャップを開け、枕の中に空気を充分に取り込んだ後に頭を乗せると、頭の重みで枕が徐々に沈み込み、無段階で高さ調整が可能だ。快適な高さになったところでキャップを閉めると、自身の頭の形状のままに高さがキープされ、また高い状態に戻す時はキャップを開いた状態でしばらく放置すると自然に元に戻る。不快な圧力がかからないソフトなホールド感が特長で、浮遊するような心地よい感触が得られるとのこと。自宅用のホームピローに加え、素材の特長を活かし、持ち運びに適したポータブルピローも用意。出張や旅行、アウトドアにおすすめとなっている。

 「医師がすすめる健康枕」シリーズから新登場の「もっと肩楽寝 Premium」は、特に肩のこりやすい人におすすめの枕となっている。後頭部・首・肩の三点でバランス良く支える「三点支持理論」に基づき、ベストセラー枕「肩楽寝」をグレードアップし、バランスよく圧力を分散して最も寝心地が良いと感じる枕を追求した。首・肩口の複雑な形状にもフィットする特殊構造で、仰向け寝時の首から頭部をしっかりとサポート。両サイドはやわらかな楕円形状のフォルムで従来の商品に比べ横幅が広がり、横向き寝にもより一層対応する。日本製にこだわり、また、気軽に洗濯できるのも魅力となっている。

[小売価格]
ラクネル ホームタイプピロー:1万5000円
ラクネル ポータブルピロー:7000円
もっと肩楽寝 Premium:8000円
(すべて税別)
[発売日]
ラクネル ホームタイプピロー:2月中旬
ラクネル ポータブルピロー:2月中旬
もっと肩楽寝 Premium:3月下旬

東京西川(西川産業)=http://www.nishikawasangyo.co.jp


このページの先頭へ