余暇・トラベル

レゴランド・ジャパン、チケットに新たな価格変動制を導入するなど価格を改定

2022.11.17 20:32 更新

 レゴランド・ジャパン・リゾートを運営するレゴランド・ジャパンは、12月1日購入分から、「レゴランド・ジャパン」のチケットに新たな価格変動制を導入、あわせて年間パスポートおよび水族館「シーライフ名古屋」等の価格を改定する。

 「レゴランド・ジャパン」では「1DAY パスポート」の価格をこれまでの繁忙期と平常期の2段階設定から、時期や曜日、需要が高まるシーズンなど細かく4段階に設定する。来場者のニーズに合わせて購入の選択肢を増やすことで、パークでのより充実した時間および体験価値の向上を目指す。また、従来のチケットの事前購入割引体系を見直し、よりシンプルに「前日まで約10%オフ」に統一する。新たなチケット体系では「おとな(13歳~)」料金4500円~7400円(旧4600円~7100円)、「こども(3歳~12歳)」料金3300円~4800円(旧3400円~4600円)となる。

 また、年間パスポート(3種:スターター/スタンダード/プレミアム)は、価格差を見直し「スタンダード」の価格を「おとな」料金1万7900円(旧1万6400円)・「こども」料金1万1800円(旧1万700円)とし、「シーライフ名古屋」のチケットは「おとな」料金2000円(旧1900円)・「こども」料金1600円(旧1500円)に変更する。

 今年5周年を迎えたレゴランド・ジャパン・リゾートは、“いましか、家族でできないこと”をブランドメッセージに掲げ、子どもの笑顔があふれる時間を提供する。新施設や新アトラクション、既存コンテンツのリニューアル等、パーク全体の価値向上に努めてきた。今後も、家族の限りある大切な時間を安心して楽しく過ごしてもらえる場所であり続けるため、より一層安全なパーク運営に努めていく考え。

[導入日]12月1日(木)購入分から

LEGOLAND Japan=https://www.legoland.jp/


このページの先頭へ