余暇・トラベル

SME、東京・新宿歌舞伎町に「Zepp Shinjuku」をオープン

2022.05.02 11:43 更新

 ソニー・ミュージックエンタテインメントは、TSTエンタテイメントが「歌舞伎町一丁目地区開発計画」(施設名称「東急歌舞伎町タワー」)内にオープン予定のライブホールの企画・運営に参画することを発表した。また、ホール名称が「Zepp Shinjuku(TOKYO)」に決定した。

 オープンは来年4月を予定。収容人員は1500人規模を計画しており、東京都内のZeppホールとしては、昨年末に閉館した「Zepp Tokyo」を除き、「Zepp DiverCity(TOKYO)」、「Zepp Haneda(TOKYO)」に続く3館目のオープンとなる。

 これまでのZeppホール(約2500人収容)に比べ、コンパクトなサイズ感となるためアーティストとの距離が近く、さらにZeppホールでは初となる360度LEDビジョンを常設しており、ここでしか味わえない臨場感あふれる音楽体験を可能にする。また、多種多様な文化で賑わう新宿歌舞伎町らしく、様々なジャンルの音楽アーティストを招聘し、新しい音楽コンテンツを国内外に発信していく。

[「Zepp Shinjuku(TOKYO)」概要]
収容人員:約1500人(予定)
開業時期:2023年4月(予定)
所在地:東京都新宿区歌舞伎町一丁目29番1、同番3(地名地番)
   「東急歌舞伎町タワー」(地下1階から地下4階部分)

ソニー・ミュージックエンタテインメント=https://www.sme.co.jp/


このページの先頭へ