余暇・トラベル

郵船クルーズ、飛鳥IIの来年3月出発クルーズ計7コースのスケジュールを発表

2021.11.24 17:10 更新

 郵船クルーズは、飛鳥IIの来年3月出発のクルーズ商品計7コースのスケジュールを発表した。

 横浜と神戸を起点に、洋上で優雅に過ごす2泊3日のクルーズ、寄港地観光も楽しめる3泊4日のクルーズを用意している。また、船上でも春の訪れを感じてもらえるよう、飛鳥II総料理長による旬の食材をふんだんに使用した「春の日ディナー」や、華やかな昼食「春御膳」を楽しんでほしいとのこと。

 「結航路(ゆいこうろ)」クルーズは、横浜と神戸を起点に3泊4日の日程で2つの港を巡る「結航路(ゆいこうろ)」を3コース用意した。船上で食事やエンターテイメントを楽しんでいる間に航行し、朝目覚めれば次の港に到着しており、長距離移動の負担が少なく寄港地を存分に観光できるとのこと。

 寄港と航海日を1日ずつ含み、観光も船上ライフもどちらも楽しむことができる。3泊4日のコンパクトな日程にクルーズの醍醐味を凝縮したコースは、初めて乗船の人にもおすすめだとか。

 横浜神戸移動型クルーズは、飛行機や新幹線なら数時間の距離をあえてゆっくりと旅する移動型クルーズ。時間をかけた旅だからこそ、発見できる新たな魅力が広がる。下船後には好みで観光をプラスして楽しむことができる。

 A-style クルーズは、週末を利用した2泊3日の無寄港で、洋上の休日をゆったりと過ごせる飛鳥IIのプレミアクルーズとのこと。ヴァイオリニストの古澤巖さんのステージと、イタリア料理「アルポルト」片岡護シェフによるディナーを堪能してほしいという。

 飛鳥クルーズは、乗船者に安心して乗船してもらえるよう、感染症対策に真摯に取り組み、寄港先と連携をしながら、魅力的な船旅を提供していく考え。

[発売日]12月7日(火)

郵船クルーズ=https://www.asukacruise.co.jp/


このページの先頭へ