余暇・トラベル

UDリテール、ハイブリッド型ショッピングセンター「ドン・キホーテ アピタ四日市店」をオープン

2021.10.13 20:23 更新

 UDリテールは、10月29日に、三重県四日市駅前の複合商業施設「トナリエ四日市」に入居している「アピタ四日市店」の2階に、「ドン・キホーテ アピタ四日市店」をオープンする。

 三重県で最も乗降客数が多い近鉄四日市駅から徒歩3分に立地する複合商業施設「トナリエ四日市」は、レストラン・ゲームセンター・映画館などが入居していることに加え、1~3階には食料品や日用消耗品などを取り扱う「アピタ四日市店」が展開しているため、幅広い世代の消費者に利用されている。

 「ドン・キホーテ アピタ四日市店」は、駅前立地の特性を踏まえ、通勤利用者や若年層に喜ばれる家電・雑貨などのカテゴリーや酒・菓子・珍味に特化することで、アピタとドン・キホーテの強みを生かした相互送客を目指すとのこと。

 また、同施設はアミューズメントを目的として来店する消費者も多いため、「ドン・キホーテ」が持つ時間消費型の店舗づくりのノウハウを生かし、ワクワク・ドキドキしながら買い物を楽しんでもらえる空間の創造に努めていく考え。

 「ドン・キホーテ アピタ四日市店」売場の特長は、家電/ドラッグストア/フード/ショップの4つのゾーンを展開する。家電では、AV・調理・理美容・健康関連の小型家電を中心に品揃えする。スマホパーツやゲーミンググッズを充実させるとともに、求めやすい価格で提供する。ドラッグストアでは、学生などの若年層をターゲットとし、SNSで注目されているアジアンコスメや、“お小遣い”でも購入できるような低価格コスメを多く取り揃える。フードでは、ドン・キホーテが展開する新業態「酒ドンキ」「菓子ドンキ」のノウハウを生かし、酒・菓子を中心に品揃えをする。外国籍の住人が多いエリアであるため、ブラジル・ベトナム・中国の酒と、輸入菓子を取り扱う「ワールドイーツコーナー」を導入するほか、「ドン・キホーテ」ならではの驚安(きょうやす)コーナーも展開する。ショップでは、若い女性に人気の高い「サンリオショップ」をはじめ、サンダルに特化した「さんだる屋」、腕時計を幅広く取り扱う「WATCH MARKET 時計市場」、アフターコロナで外出が増えると需要が高まる香水の専門店「FRA FRA 香り専科」などを展開する。また、季節外れの衣料などを期限付きでお値打ちに販売する「あべこべ屋」を導入する。「今だけ!あるだけ!」という宝探しのような買い物を楽しんでもらえる。

[「ドン・キホーテ アピタ四日市店」店舗概要]
営業時間:午前9時~午後10時
所在地:三重県四日市市安島一丁目3番31号
交通:公共交通機関/近鉄「四日市駅」北改札口から徒歩約3分
   車/東名阪道四日市I.Cから20分
開店日:10月29日(金)午前9時
売場面積:2979m2(直営部分)
建物構造:地下2階、地上15階建
※ドン・キホーテアピタ四日市店は2階部分
商品構成:食料品(菓子・酒)、化粧品、衣料品、服飾雑貨、家電製品他
駐車台数:1179台
駐輪台数:250台

UDリテール=https://www.donki.com/uny/


このページの先頭へ