余暇・トラベル

ゴールドウインと星野リゾート、「THE NORTH FACE」と「リゾナーレ」で「森遊びデビュープログラム」を企画

2021.07.29 19:27 更新

 ゴールドウインが展開する「THE NORTH FACE」と「星野リゾート」が展開する「リゾナーレ」は、「森遊びデビュープログラム」を共同で企画した。これはアメリカの国立公園で導入されている、セルフガイディングシステム(ブックレットや資料を参考にしながら、案内人を介さずに自身のペースで自然観察をすること)を取り入れたアクティビティプログラムとなっている。9月1日~11月30日の期間に、北海道の大自然を満喫できるリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレトマム」と、緑豊かな八ヶ岳エリアのリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」で実施する。コロナ禍でも家族で気兼ねなく自然を楽しみ、子どもの好奇心や創造力を育む自然体験を提供する。

 近年、自然体験が子どもの思考力や判断力、表現力などの非認知能力を伸ばすことに繋がると注目されている(参考:長谷部 雅一著「自然あそびで子どもの非認知能力が育つ」)。そこで、「自然に寄り添い生きる力を育む」活動を行っているTHE NORTH FACEと、「大人のためのファミリーリゾート」をコンセプトに、子どもが楽しく学べる旅を提案しているリゾナーレは、家族が気兼ねなく自然に親しめるアクティビティプログラムを共同で企画した。「子どもに自然体験をさせたいけれど自然にどう関わってよいかわからない」と感じている人へ向けたプログラムとなっている。

 気軽に楽しく自然に触れ合えるよう、4つのアイテムを用意した。そのうちの一つである「リゾナーレアドベンチャーカード」は、全8種あり、子どもが自ら自然に興味を持てるような仕掛けが満載となっている。これを片手に森を冒険し、カードに書いてあるヒントを頼りに、木の実や葉っぱ、枝などを見つけるとビンゴが完成するなど、ゲーム感覚で楽しく自然に親しめる。また、事前の知識が少なくても大人が子どもと一緒に気軽に自然に親しめるよう、森に出かけるときの注意点などもカードに盛り込んだ。

 森に落ちている葉っぱや松ぼっくり、枝などを使い、ホテル内のスペースで恐竜や人の顔などのテーマに沿って手軽にクラフト体験ができるとのこと。全く同じものが存在しない自然のもので何かを作り出すことは、子どもの創造力を育むことにつながると考え、この体験を取り入れた。一つひとつ形の異なる自然の素材を使い、自分だけの思い出の作品を作ることができる。

 THE NORTH FACEの「キッズレインスーツ」や「キッズシェルブランケット」などの、森遊びで活躍するサポートグッズを用意した。急な雨などの天候の変化や、気温が下がる朝晩に活躍するアイテムとなっている。さらに、大人から子どもまで使用できる、虫よけスプレーや日焼け止めなどの必需品も含まれている。また、抱っこ紐「ベビーコンパクトスリング」を用意しているので、子どもの年齢を問わず施設内を散策することが可能とのこと。天候や虫などへの不安をケアし、森で遊ぶことへのハードルを下げるグッズが揃っている。

[「森遊びデビュープログラム」付き宿泊プラン概要]
期間:9月1日~11月30日チェックアウトまで
   ※リゾナーレトマムは10月31日まで
料金:リゾナーレトマム 2万400円~、リゾナーレ八ヶ岳 2万6000円~
(大人2名と幼児1名、添寝乳幼児1名で1室利用時、大人1名あたり、税・サービス料込)
含まれるもの:宿泊、朝食、リゾナーレアドベンチャーセットとクラフトグッズ、サポートグッズの貸出し
定員:1日3組 ※1組2~4名
予約:2021年7月29日に公式サイトで予約受付開始、3日前までに要予約

ゴールドウイン=https://www.goldwin.co.jp/
星野リゾート=https://hoshinoresorts.com/


このページの先頭へ