余暇・トラベル

マリオット、遊び心を加速させるホテル「モクシー京都二条」を開業

2021.06.11 17:23 更新

 マリオットのライフスタイルホテルブランド「モクシー」の、国内4軒目で京都初となる「モクシー京都二条」(京都府京都市中京区)が、7月1日に開業する。同ホテルは、JR・京都市営地下鉄二条駅から徒歩3分に位置し、ユネスコの世界遺産に認定された「元離宮二条城」、通年一般公開されている「京都御所」が徒歩圏の他、京都市内の名所や京都府北部、大阪・滋賀・奈良など、関西各地へのアクセスも便利だという。

 京都には、街の随所に歴史的な物語があり、昔から映画撮影の本拠地でもあることから、「モクシー京都二条」は、“京都モノガタリ”をデザインテーマとしている。エントランス横の壁に描かれた上空から見た二条城、英訳した百人一首をモチーフとしたライブラリーの壁面、レコード盤を使った枯山水の箱庭が組み込まれたソファエリアの大テーブルをはじめ、客室の壁に掛けられた絵画など、ホテルのいたるところに、京都の物語をモチーフとした現代的でユーモアあふれる同ホテルならではのデザインがあふれている。

 フロントデスク横にバーカウンターを設置したロビーエリアは、モクシーのブランドアイデンティティ。飲食施設として24時間利用可能な「MOXY Pickups(モクシー・ピックアップ)バーカウンターでドリンクや軽食メニュー、レストランエリアではワッフルまたは京都風のお粥セットから選べる朝食(1500円:税込)、オリジナルレシピのパスタやサラダなどのランチメニューを用意している。

 ロビーエリアではDJイベントやカルチャークラスなど、気軽に参加できる催事を開催し、早朝から深夜まで(新型コロナウイルス感染症の流行期間中は、行政当局の指示や勧告に基づき、営業時間の短縮、アルコール飲料提供の自粛、休業等を行う場合がある)、世界中からの宿泊ゲストはもとより、近隣に勤務・在住している人にも気軽に利用、交流してもらう場としていく。

 全158室ある客室は「うめ」・「さくら」・「もみじ」の3カテゴリー。ベッドタイプはツインまたはクイーンの2タイプ。シモンズ製ベッドマット、50インチの大型TVなど、どの客室も機能性と快適性を備えている。「さくら」と「もみじ」の客室には、天井にそれぞれ桜と紅葉のデザインを映し出すプロジェクターを設置し、照明を落とすと幻想的な雰囲気の中でくつろぐことができる。

 地下にあるスタジオのテーブルは卓球台。カラフルなデザインや備品が創造力に刺激を与える。2分割での利用も可能で、少人数でのオフサイトミーティングなど、目的に合わせた、カスタムメイドのミーティングプランを提供する。24時間利用できるトレーニングジムは、モクシーピンクのバイクがシンボルとのこと。最新の機器を取りそろえ、旅行中もトレーニングルーティンをこなすことができる。

[ホテル概要]
ホテル名称:モクシー京都二条
所在地:京都府京都市中京区西ノ京南聖町12番地
開業日:7月1日(木)
総客数:158室(チェックイン:15:00、チェックアウト:12:00)
レストラン:ロビーバー(1F)45席
その他施設:フィットネスセンター、コインランドリー、アイロンルーム
駐車場:「思いやり駐車場」1台(要予約)、近隣コインパーキング案内
アクセス:JR山陰本線・京都市営地下鉄東西線「二条駅」から徒歩3分

マリオット・インターナショナル=https://www.marriott.co.jp/default.mi


このページの先頭へ