余暇・トラベル

JALとタニタ、JAL国際線欧米豪路線で機内食「カラダが喜ぶ Sky Wellness Kitchen」を提供

2021.06.30 11:58 更新

 日本航空(以下、JAL)と、タニタは、両社のコラボレーション企画として、7月1日からJAL国際線欧米豪路線(一部を除く)にて、旅の健康をサポートする新たな取り組みを開始する。

 2011年から継続してきたJAL「AIRシリーズ」を刷新し、新メニュー「カラダが喜ぶ Sky Wellness Kitchen」を提供する。同メニューは、タニタが運営する「こころの健康づくり」につながるエッセンスを取り入れたコンセプトカフェ「タニタカフェ」が監修。第1弾は、「“噛む”ヘルシーサラダボウル」に、免疫力コラムやタニタ体操のオリジナルストレッチを紹介するリーフレットを添えて提供する。

 JALでは、あらゆるシーンで消費者に「心地よい安心」を提供することに取り組んでおり、安全・安心な機内サービスの向上を推進してきた。一方、タニタは体組成計や活動量計などの「健康をはかる」計測機器をはじめ、「丸の内タニタ食堂」や「タニタカフェ」、「タニタフィッツミー」など、「健康をつくる」商品・サービスを提供している。これらを通じて、「Healthy Habits(健康習慣)」の継続をサポートしている。

 JALとタニタがコラボレーションするのは今回が初めて。旅行や出張で過ごす機内の時間を健康的なものにしたいという両者の思いが合致し、今回の取り組みが実現した。それぞれが持つノウハウを組み合わせることで、旅行中のトータルヘルスをサポートしていく考え。

 今回、タニタが持つ健康づくりのノウハウを活用し、食事・知識・運動の 3つの側面で、旅のトータルヘルスサポートに取り組むという。JAL国際線長距離線の機内食「AIRシリーズ」を刷新し、「カラダが喜ぶ Sky Wellness Kitchen」として、脳の活性化や免疫力をテーマとしたタニタカフェ監修メニューを提供する。また、免疫力に関するコラムや自宅、滞在先でできるタニタ体操のオリジナルストレッチも紹介する。

[提供開始日]7月1日(木)

日本航空=https://www.jal.com/ja/
タニタ=https://www.tanita.co.jp/


このページの先頭へ