余暇・トラベル

ANAインターコンチネンタルホテル東京、35時間滞在できるユニークな宿泊プラン「ファンタイム!」を発売

2021.05.22 13:23 更新

 6月7日にホテル開業35周年を迎えるANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区赤坂)は、開業35周年記念企画の一環として、6月19日から9月20日までの間、35時間滞在できる各種特典付き宿泊プラン「ファンタイム!」を設定し、5月24日から予約受付を開始する。

 35周年記念宿泊プラン「ファンタイム!」は、人々の日頃の愛顧に感謝の気持ちを込めて、通常1泊20時間までの滞在の宿泊を、35時間まで滞在可能にしたユニークな宿泊プランとなっている。通常15時からのチェックインが、同プランでは宿泊当日の朝10時、11時、12時、13時のいずれかの時刻から可能で、その後最長35時間後までゆったりと滞在できる点が一番の特長となっている。同プランでは、緑豊かな環境にある屋外スイミングプール「ガーデンプール」が到着日の午前中から翌日の夜まで、滞在中何度でも利用できるほか、レストランまたはルームサービスが選べる朝食が付き、館内レストラン&バー利用料金15%割引などの各種特典付きとなっている。

 1人でのワーケーション(「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語。テレワークを活用し、働きながら休暇をとる過ごし方)にも家族旅行にも活用できるベーシックなプラン内容を感謝の価格で設定した35周年ならではの企画であり、子どもが泊る部屋にはキッズウエルカムアメニティをセットするなどのお楽しみ企画も取り入れている。

 特に、ホテル4階にある「ガーデンプール」は、都内ホテルのプールの中でも有数の規模(全長20m×幅13m)を誇り、木々の緑に囲まれ、都会の真ん中にありながらリゾート気分を味わえる雰囲気が魅力となっている。プールサイドが広く、デッキチェアーで寛いだひとときを過ごすことができる。都会の喧騒からしばし離れるような感覚を味わうことができ、遠出や長期旅行などが難しい人にも適しているとのこと。

 また、レストラン&バーにおいても、6月1日から8月31日までの間、館内9ヵ所の店舗において「35周年記念コース料理」や「アニバーサリーカクテル」の用意をはじめ、開業年(1986年)のビンテージワインを10種類揃えるなど企画した。和・洋・中それぞれの料理長が、開業以来の人気メニューを組み合わせたり、食材にこだわって工夫を凝らした最新のメニューを開発するなど、自信をもって届けるという。同宿泊プランを利用の消費者には特典として、特別価格で提供する「35周年記念コース料理」をさらに15%割引で利用できる。

[35時間滞在できるユニークな宿泊プラン「ファンタイム!」概要]
設定期間:6月19日(土)~9月20日(月・祝)のチェックアウトまで
※但し、7月21日~8月8日を除く。
滞在時間:10時/11時/12時/13時いずれかのチェックイン時刻から35時間滞在可能
(一例:10時チェックインの場合、翌日21時まで滞在可能)
客室タイプ:クラシックルーム/エグゼクティブデラックスルーム/プレミアルーム/クラブインターコンチネンタルルーム各タイプのダブルまたはツイン
料金(税・サービス料込)※客室タイプならびに利用日によって料金が変動する
1泊1~2名
 クラシックルーム:1室4万4000円~
 エグゼクティブデラックスルーム:1室4万7000円~
 プレミアルーム:1室5万1000円~
 クラブインターコンチネンタルルーム:1室6万7000円~
(クラブラウンジ利用付き)
※朝食を含めない価格設定も用意している

ANAインターコンチネンタルホテル東京=https://anaintercontinental-tokyo.jp/


このページの先頭へ