余暇・トラベル

サンシャインシティ、SKY CIRCUS サンシャイン60展望台で皆既月食観賞会を開催

2021.04.20 13:00 更新

 SKY CIRCUS サンシャイン60展望台(東京・池袋)は、5月26日に国内観測が約3年ぶりとなる皆既月食にあわせ、皆既月食観賞会を開催する。同日は、2021年で最も月が地球に近づく日となり、今年最大の明るい月(スーパームーン)が皆既月食となる様子を楽しむことができる。観賞会では、屋上に設置した天体望遠鏡の映像をモニターに映し出し、星空写真家・成澤広幸氏による皆既月食やスーパームーンについての解説を楽しめる。今回の皆既月食は低空で見られるため、海抜251mの高さにある見晴らしの良いサンシャイン60展望台での観賞が最適となっている。

 また、5月24日~5月27日はサンシャイン60展望台天体観賞会2021の第2弾「スーパームーン!皆既月食も!」の期間として、スーパームーンとなる26日の前後数日も明るく大きな月を楽しめる。この期間に日本百名月認定登録地のサンシャイン60展望台から望める美しい光景に心を癒されながら、幻想的な瞬間を素敵な思い出として写真に収めてみては。

 月食は、月が地球の影に入ることによって起こり、完全に影に入り込む月食のことを「皆既月食」と呼ぶ。皆既月食の際は、月は真っ暗にならず、地球の大気を太陽光が通過する際に波長の長い赤い光が屈折し、赤銅色と表現されるようなほのかな赤黒い色で観察されることが多いとのこと。

[「皆既月食観賞会」概要]
日程:5月26日(水)18:30~21:30
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、状況によって、変更になる場合がある
部分食の始まり18:44頃、皆既食20:09頃~20:28頃(食の最大20:18頃)、部分食の終わり21:53頃
料金:無料 ※展望台入場料が必要
内容:星空写真家・成澤広幸氏による皆既月食やスーパームーンについての解説とともにモニターで観賞する観賞会を開催
※気象状況によって楽しめない場合やモニター投影用の天体望遠鏡を屋上に設置できない場合がある

サンシャインシティ=https://sunshinecity.jp/


このページの先頭へ