余暇・トラベル

ジャパンキャンピングカーショー2021、第9回キャンピングカーアワードには俳優・歌手の山崎育三郎さんが受賞、Youtubeのドライブ企画などでキャンピングカーの魅力を発信

2021.04.05 21:30 更新

 ジャパンキャンピングカーショー2021実行委員会は、2021年最新・人気モデルなどが一同に集結する国内最大級のキャンピングカーイベント「ジャパンキャンピングカーショー2021」を4月2日~4月4日の3日間、幕張メッセ国際展示場で開催した。今年は、300台以上のキャンピングカーが展示され、テレワークや防災にも活用できる車両の展示コーナー「新生活×キャンピングカー」が新たに設置された。初日の4月2日には、俳優・歌手の山崎育三郎さんが受賞した第9回「キャンピングカーアワード」の授賞式が執り行われた。

 「新型コロナウイルス感染症の影響で、当初2月に開催予定だった『ジャパンキャンピングカーショー2021』も4月に延期しての開催となった。しかし、キャンピングカー業界自体は、もともと有事に強いといわれており、コロナ禍においてもキャンピングカーのニーズはさらに高まっている」と、日本RV協会の荒木賢治会長が挨拶。「キャンピングカーは、3密を避けながら、家族でアウトドアを楽しめると共に、車内では家族団らんを味わうことができる。また、キャンピングカーはレジャーだけでなく、医療現場でも役立つとして注目を集めている」と、コロナ禍でキャンピングカーの活用シーンが広がっているという。「これは日本に限ったことではなく、世界でもキャンピングカーの価値が見直されてきている。ヨーロッパでは年間約22万台のキャンピングカーが生産されているが、その中でドイツは、コロナ禍の2020年において前年から約2万台の伸びを記録した」と、世界的にキャンピングカーの需要が拡大しているのだと訴えた。

 そして、第9回「キャンピングカーアワード」を受賞した、俳優・歌手の山崎育三郎さんが登場。荒木会長から「キャンピングカーアワード」の副賞として、最新型キャンピングカー「Zil520」(バンテック社)を1年間無料貸与する証であるビッグキーが手渡された。山崎さんに受賞の感想を聞くと、「今回、『キャンピングカーアワード』を受賞することができて光栄に思っている。学生時代、米国に留学していたのだが、週末になると親友の家族に連れられてキャンピングカーでアウトドアを楽しんでいた。自分もいつかキャンピングカーを持てるようになりたいと思っていたので、副賞のキャンピングカーに乗れるのを楽しみにしている」と、キャンピングカーは学生時代から憧れの存在だったと興奮気味に話していた。

 「キャンピングカーは、コロナ禍で旅行が難しい状況の中でも、自由にどこにでも行くことができる。キャンピングカーが1台あれば、天候に左右されることもなく、家族で好きな時に旅行を楽しめるようになると思う」と、キャンピングカーの魅力を熱く語る山崎さん。ドラマ撮影や舞台への出演など忙しい日々を送る中で、キャンピングカーで行ってみたい場所を聞いてみると、「家族でよく海や山に出かけてキャンプをしているので、休みがとれた時には、まずはキャンピングカーに乗ってキャンプに行きたい。海が見える場所にキャンピングカーを置いて、海を眺めながら家族で夕食ができたら最高」とのこと。「また普段、車の中で台本を読んだりすることもあるのだが、最新のキャンピングカーは防音もしっかりしているので、ミュージカルの発声練習や振付の練習もできると思う」と、集中して歌や舞台の練習をしたい時にも活用できるのではないかと述べていた。

 さて、山崎さんは、自身のYoutubeチャンネルで配信しているドライブ企画も話題となっているが、「今後はキャンピングカーに乗りながら、いろいろな人と対談する企画も実現できればと考えている。今までは、1対1の対談だったが、最新のキャンピングカー『Zil520』であれば車内に複数の人を呼ぶことができて、そのままキャンプに行くこともできる」と、キャンピングカーならではの新たなドライブ企画を楽しみにしてほしいと笑顔を見せていた。最後に山崎さんは、「コロナ禍の今だからこそ、キャンピングカーの必要性が高まっていると感じている。Youtubeチャンネルのドライブ企画だけでなく、自分のラジオ番組や雑誌の連載などでもキャンピングカーを活かした企画を考え、さまざまな形でキャンピングカーの魅力を発信していきたい」と、「キャンピングカーアワード」受賞者として、キャンピングカーのさらなるファン層拡大に貢献していくことを誓った。

 この後、山崎さんも参加したテープカットセレモニーが行われ、「ジャパンキャンピングカーショー2021」が華々しく開幕した。「ジャパンキャンピングカーショー2021」は、最新・人気モデルの車両が一堂に集結する国内最大級のキャンピングカーイベント。今年は300台以上を展示。新生活様式における需要の高まりを受け、テレワークや防災にも活用できる車両展示コーナー「新生活様式×キャンピングカー」を新設した。また、展示ホールでも、災害時に活躍する軽タイプ「かるキャンNUGGET」やテレワーク使用も可能なバンコンタイプ「AURORA STAR CRUISE」など時流にあった車両を並べると共に、世界的に有名なドイツメーカーの最新輸入車「FREE 540」など、さまざまなキャンピングカーを展示した。その他、約100施設のキャンプ場や快適に安心して車中泊ができる場所「RVパーク」、観光施設などを紹介するコーナー「キャンピングカーパーク」などの情報も展示された。

ジャパンキャンピングカーショー2021=https://jrva-event.com/jccs/


このページの先頭へ