余暇・トラベル

東京セキスイハイム、首都圏エリアで住み心地を一泊二日で体感できるショールーム施設「快適宿泊体感棟」をオープン

2021.03.08 17:09 更新

 東京セキスイハイムは、首都圏エリアで宿泊体感できる「快適宿泊体感棟」の展開を開始し、「快適宿泊体感棟 鴻巣(埼玉県)」と「快適宿泊体感棟 八千代台(千葉県)」を3月13日にオープンする。

 同社はこれまで、住宅の建築を検討している消費者に、家づくりにおける重要な点やプロセスをわかりやすく学んでもらう「体感型ショールーム」を展開してきた。今回の「快適宿泊体感棟」は、実際のセキスイハイムで一泊二日の期間を家族で過ごし、暮らし方や性能を体感できる新たな取り組みの施設となっている。同時に、一日一組限定の完全予約制のスタイルをとることで、他の消費者との接触を抑えるニューノーマル時代のモデルハウスのあり方をプレゼンテーションするものでもあるという。生活実感型の新しいショールームとしてさらに展開を拡大していくという。

 セキスイハイムグループでは体感型ショールームの全国展開を加速している。同社でも6拠点で開設し、多くの消費者に利用されている。「快適宿泊体感棟」は、体感型施設の新たな取り組みで、従来の学習型ショールームとは異なる生活実感型のモデルハウスとのこと。実邸サイズで建築された「快適宿泊体感棟」で一泊二日を過ごしてもらい、住まいの性能・使い勝手などを試した上で、家づくりの検討を進めてもらうことを目的としている。既存のショールーム(セキスイハイムミュージアム、ハイムギャラリーパーク)と合わせて利用してもらうことで、より深い家づくりのノウハウを学ぶことができる。

 食事、入浴、就寝などを通じて「建てる前に、暮らす」体感を提供し、セキスイハイムの特長である高い気密性・断熱性や、独自の換気・空調システム「快適エアリー」による温熱・空気環境など、暮らしてみて初めてわかる心地良さや、新しい生活様式として一層求められる換気性能などを体感できる。

 事前に予約をした家族一日一組限定での利用となり、他の消費者との接触がないという。ニューノーマル時代に、安心して時間をかけて見学・体感できる、モデルハウスの新しいスタイルの提案でもあるのこと。

[施設概要
「快適宿泊体感棟 鴻巣」
 所在地:埼玉県鴻巣市鴻巣1191-1
「快適宿泊体感棟 八千代台」
 所在地:千葉県八千代市八千代台北1-21-24
グランドオープン日:3月13日(土)
定休日:火曜日・水曜日

東京セキスイハイム=https://www.tokyo816.jp/


このページの先頭へ