余暇・トラベル

JR東日本スポーツ、JR松戸駅中央改札口前にeスポーツ施設「ジェクサー・eスポーツ ステーション」を開業

2021.01.16 13:55 更新

 JR東日本スポーツは、JR松戸駅中央改札口前にJR東日本エキナカ初のeスポーツ施設「ジェクサー・eスポーツ ステーション」を1月24日に開業する。

 近年、急速に市場が拡大しているeスポーツ分野において、フィットネスクラブやリラクゼーション施設の運営を通じて得た健康サポートのノウハウを活かした新たなサービスの展開にチャレンジする。イベントの開催やグッズ販売を展開し、プロeスポーツ選手の輩出、地方創生、地域活性化に貢献する考え。多店舗展開を視野に入れつつ、東日本エリアをはじめ全国展開を目指し、将来的にはJR東日本グループの資源を活用した独自のeスポーツ大会の開催を目指した、新規事業の展開を行うとのこと。

 eスポーツとは、エレクトロニック・スポーツの略称で、コンピュータゲーム等をスポーツ競技として捉える際の名称となっている。

[店舗概要]
名称:ジェクサー・eスポーツ ステーションJR松戸駅店
所在地:千葉県松戸市松戸(JR松戸駅中央改札口前、旧びゅうプラザ跡地)
営業内容:eスポーツ設備およびコミュニティスペースの時間貸し(席貸し)
営業時間:9時00分~22時00分(年中無休)
※緊急事態宣言期間中は、20時00分で営業終了
開業予定日:1月24日(日) 9時00分から
面積:113.4m2(34.36坪)

JR東日本スポーツ=https://www.jresports.co.jp/


このページの先頭へ