余暇・トラベル

東武トップツアーズ、愛知県豊橋市での誘客多角化事業の一つとして路面電車がカフェになる「カフェトレ」の運行を企画

2020.12.25 12:12 更新

 東武トップツアーズは、豊橋市、豊橋観光コンベンション協会、豊橋鉄道、ワルツおよび豊橋温室園芸農業協同組合と連携して、「カフェトレ実行委員会」を結成、観光庁から採択された「誘客多角化事業等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」の一環として、路面電車がカフェになる「カフェトレ」の運行を企画した。

 カフェトレとは、豊橋市内で今も活躍する路面電車の車内でカフェを楽しむもので、豊橋が生産量日本一を誇る食べられる花「エディブルフラワー」を使ったスイーツなど、同社豊橋支店の若手社員がおすすめする、お洒落カフェの人気メニューの数々を提供する。期間は、来年2月11日から23日までの火・木・土・日曜の計8日間、1日1便、乗車時間約90分で運行される。車内外共にお花に囲まれた路面電車のレトロで可愛い空間で素敵なひとときを過ごしてほしいとのこと。

 なお、ソーシャルディスタンス確保のため全便予約制となっている。申し込みは、LINE公式アカウントで受け付ける。同社はこれからも、「旅を通じ、地域の暮らしと豊かな社会に貢献する」取り組みを継続していく考え。

東武トップツアーズ=https://tobutoptours.jp/
豊橋鉄道=https://www.toyotetsu.com/


このページの先頭へ