余暇・トラベル

京王プラザホテル、「新しい生活様式」に対応した取組み「ドライブスルーチェックイン」を導入

2020.10.15 18:02 更新

 京王プラザホテル(東京:西新宿)は、新型コロナウイルス感染症拡大防止策として「新しい生活様式」に対応すべく、到着時に乗車したままチェックイン手続きが完了する「ドライブスルーチェックイン」を導入した。同サービスは、フロントカウンターに並ぶことなくソーシャルディスタンスを確保することに配慮したチェックイン方法となる。8月15日から自社ホームページで専用プランの販売を行っている。今後は消費者のニーズに応じ、事前決済を終えた消費者へ、さらにサービス拡充を図っていく考え。

 京王プラザホテルでは消費者に安心して滞在、利用してもらえるよう「新しい生活様式」を考慮した新型コロナウイルスによる感染症への対策を行っていくという。そしてこれからも笑顔で消費者を迎え、安心して利用できるようスタッフ一同取り組んでいく考え。

 ドライブスルーチェックインの流れとしては、まず、ドア・ベルスタッフが消費者を正面玄関へ誘導する。乗車したままの車内において、非接触型体温計で検温を実施する(37.5℃以上の人は宿泊の利用ができない)。宿泊内容の確認、健康状態に関する調査表を記入しルームキーを渡すとのこと。荷物のある消費者は入庫前に預かり、客室へ入室する。手続き完了後、駐車場を案内する。

京王プラザホテル=http://www.keioplaza.co.jp/


このページの先頭へ