余暇・トラベル

星野リゾート リゾナーレ小浜島、「星降る夜のビーチハロウィン」を開催

2020.08.15 15:02 更新

 日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」(沖縄県八重山郡竹富町小浜2954)は、10月1日~31日の期間、ハロウィンイベント「星降る夜のビーチハロウィン」を初開催する。ホテルに併設のビーチに設置された「ハロウィンラウンジ」で、星空を眺めながら、ゆったりと落ち着いたハロウィンを過ごせるイベントとのこと。同リゾートは、「星空保護区認定制度」の認定を受けた、西表石垣国立公園内に位置し、まるで星が降ってくるかのように、近くで眺めることができる。スターフルーツを添えた「黒糖モヒート」や沖縄の伝統的なお菓子「星型ちんすこう」を味わい、星空をイメージしたマスカレードマスクで仮装して過ごせば、離島のビーチでゆったりと落ち着いたハロウィンを楽しめる。

 全国5ヵ所に展開するリゾートホテルブランド「星野リゾート リゾナーレ」は、各施設の個性を活かしたハロウィンイベントを開催している。沖縄県八重山諸島に位置する小浜島では、21個ある1等星のすべてと、88のうち84の星座を見ることができるという。満天の星空が見える環境の中、都会の喧騒から離れ、離島のビーチでゆったりと落ち着いたハロウィンを体験してもらいたいと思い、開催に至った。

 同リゾートは、日本で初めてIDA(国際ダークネス協会)による「星空保護区認定制度」の認定を受けた、西表石垣国立公園内に位置する。併設のビーチは、人工の光が少なく、周りには目の前を遮る高い建物がない、星空を眺めるのに最適な環境とのこと。この環境を活かし、ゆったりと落ち着いてハロウィンを楽しんでもらえるよう、ビーチに「ハロウィンラウンジ」を設置する。白砂で作ったソファやテーブル、真ん中には焚火を配置し、ジャックオーランタンで装飾をする。オレンジ色の暖かみのある光が灯る空間で、波の音に耳を傾け、心地よい風を感じながら、自然が織りなす満天の星空を楽しめる。

 ハロウィンラウンジでは、星をテーマにしたお酒とお菓子を無料で提供する。お酒は、ラム酒にフレッシュなオレンジを入れ、黒糖シロップとで、オレンジ色と黒色の2色の層を作り、スターフルーツを添えた「黒糖モヒート」とのこと。ハロウィンに馴染みのある色合いと、まるで1等星が輝くように添えられたスターフルーツが、星空に映える一品となっている。また、お菓子は星の形をした、ちんすこうを用意する。形が可愛らしく、しっとりと甘い味わいを感じられ、お酒ともピッタリだとか。

 珊瑚の白砂や、星砂、貝殻などで装飾する、オリジナルのマスカレードマスクを作ることができる。星の形の粒子からなる星砂や、ヒトデの貝殻などを飾れば、まるで星空のような仮装グッズが完成する。

[「星降る夜のビーチハロウィン」概要]
期間:10月1日~31日
料金:無料(マスク制作費別途必要)
場所:ビーチ
時間:19:00~21:00
対象:宿泊者限定

星野リゾート リゾナーレ小浜島=https://risonare.com/kohamajima/


このページの先頭へ