余暇・トラベル

水上高原リゾート200、グランピング施設「水上高原グランピングフィールド~Supported by Coleman~」をオープン

2020.08.15 15:07 更新

 水上高原ホテル200(群馬県みなかみ町)は、コロナ禍でも安心して過ごせるキャンプ体験で、「初心者でも楽しめる」をコンセプトに、新しいグランピングの在り方“水上高原Style”でのグランピング施設をオープンした(期間:8月1日~9月30日)。

 8月1日に「水上高原グランピングフィールド~Supported by Coleman~」がオープンした。標高約1000mに位置する水上高原は東京に比べて約6℃も気温が低く、夏でも涼しく利用できる。

 「水上高原グランピングフィールド」は、アウトドア本来の魅力である四季の自然を感じられるよう、200万坪の広大な高原リゾートの中、白樺林に囲まれた草原地帯に“テントベース”設けた。また、キャンプ経験のない人が不慣れな環境でも楽しめるよう、ホテルの温泉やレストランの他、客室も利用できる。「グランピング」と「ホテル」の良さを両方取り入れた良いとこ取り、それが水上高原Styleとのこと。

 テントBASEは、本格的なキャンパーの多くが使っているColeman製品で揃え、使い易さと共に、寛げるグッズも取り揃えたことで、きっとキャンプ本来の楽しさも味わってもらえる。

 「水上高原グランピングフィールド」の魅力は、白樺林に囲まれた標高1050mの高原に位置し、日本百名山“谷川岳”も望める雄大なロケーションとのこと。テントや備品の準備はすべて整っているので、手ぶらで大丈夫だという。ホテルからグランピングフィールドまでの移動に、専用乗用カート(ライト付)を用意した。ホテルの客室も利用できる(ホテル:チェックイン13:00/チェックアウト11:00・グランピング:チェックイン17:00/チェックアウト14:00の25時間ステイ)。夕食は、“BBQ”またはホテルでの“カフェテリア式食べ放題(和洋中バイキング)”からチョイスできるとのこと。朝食は、ホテルでの“カフェテリア式食べ放題(和洋中バイキング)”となっている。ホテル自慢の美肌の湯、温泉大浴場・露天風呂も利用できる。

 楽天インサイトによるキャンプに関する調査(2019年7月22日)によると、「キャンプでの不安や心配ごと」という質問に対し、1位の「虫刺され」に次いで、2位~5位を「トイレやシャワー、ベッド」についての不安が占めている。水上高原グランピングフィールドは、バックアップスペースとしてホテルの客室や温泉、露天風呂も利用できるので、天候が悪い時は客室で安全に過ごすことも可能だ。

 到着後、消費者を迎えるゆったりとしたロビー。 隣の「ギフトショップ」ではアルコール、おつまみ、菓子類などが購入できる。

 宿泊者専用の別棟・露天風呂「凛楽」も利用できるとのこと。雄大な眺望が特長の「眺望の湯」と、白樺に包まれ森林浴も楽しめる「白樺の湯」となっている。

 客室は「リゾート・ツイン」を用意した。窓枠が絵画の額縁のように、春夏秋冬の景色を切り取り、大自然の中で寛いでいるかのような空間を演出する。シモンズ社製110cm幅のベッドを採用し、コンパクトながらもゆとりと寛ぎを感じることが出来る。2名の場合は1部屋、3名~4名の場合は2部屋を利用できる。

 温泉は敷地内に湧く自家源泉「上の原温泉」とのこと。「みなかみ18湯」の中でも群を抜く、pH値の高いアルカリ性単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)で非常に柔らかな肌触りが特徴となっている。

 せっかくだから温泉も堪能したい。アウトドア体験はしてみたいけど、汗をかいたまま寝るのはちょっと・・・。という人におすすめとなっている。

 夕食は、テントBASEで食べる“BBQ”、または ホテルでの“カフェテリア式食べ放題(和洋中バイキング)”から選べるとのこと。

 雄大な自然の中で楽しめる水上高原オリジナルバーベキュー。肉は骨付きの物や、大判ステーキとなっている。焼いてから切って食べるも良し。豪快にかぶりつくのも良し。サラダやポップコーンもみんなでワイワイ楽しみながら作ってほしいという(追加料金:大人 1650円、小人A(小学生)1100円、小人B(未就学児)550円 )。

 料理人が厳選した旬の食材を使った和洋中60種類のカフェテリア式食べ放題。仕込みからこだわりじっくり焼き上げる“絶品ローストビーフ”をはじめ、豊富で季節感溢れる“自家製デザート”。毎月変わる「おすすめメニュー」などバラエティー豊かなメニューを提供する。

 グランピングフィールド近くにはトイレ・水場を完備しているとのこと。害虫・害獣防除対策を施している。ホテル客室も利用できるので、急な悪天候時や寝付けない時なども安心だとか。安心して快適に過ごしてもらえるよう、ホテルに泊まるのと同等のサービスを用意して迎えている。

 グランピングフィールドのトイレは、シンプルで清潔なログハウス調。ホテル客室と同じウォシュレット機能付きトイレを設置している。

水上高原リゾート200=https://www.minakamikogen200.jp/


このページの先頭へ