余暇・トラベル

東急百貨店、大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア」に「+Q(プラスク)」など新業態を出店

2019.07.05 12:12 更新

 東急百貨店は、11月1日に開業予定の大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア」ショップ&レストランに、同社の新業態となる「+Q(プラスク)」「428-224(シブヤニーニーヨン)」「TOKYU Foodshow EDGE(トウキュウ フードショー エッジ)」を出店する。

 今回の出店では、渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストランのビジョン「世界最旬宣言」を踏まえ「最旬」「NEW」に徹底的にこだわった。同社出店区画内には、目利き力・編集力を生かし、ポップアップショップも含め約120の売り場・ショップを編集した。日本初上陸4ショップ、ONLY・新業態30ショップがラインアップする。

 同社は中期経営計画にて、「融合型リテーラー」への挑戦を掲げており、新規事業を創出し、多様な事業展開を推進している。今回の出店はその取り組みの一環でもあり、今後、「生活サービス提案企業」として、より一層消費者のさまざまな生活シーンに貢献することを目指す考え。

[渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)出店概要]
事業主体:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
運営会社:渋谷スクランブルスクエア
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号
開店:11月1日(金)
営業時間:同社出店区画:10時~21時
売場面積:
 同社出店区画合計:約5250m2
 6階「+Q BEAUTY」/ビューティー:約1970m2
 5階「+Q GOODS」/バッグ・シューズ・ファッション雑貨:約1380m2
 4階「428-224」/ファッション:約260m2
 1階「TOKYU Foodshow EDGE」/スイーツ:約400m2
 B2階「TOKYU Foodshow EDGE」/デリ・ベーカリー・イートイン:約1240m2

東急百貨店=https://www.tokyu-dept.co.jp/


このページの先頭へ