余暇・トラベル

タカラトミー、プラレール60周年記念展「プラレール博物館~昭和・平成・そして令和へ プラレールの歴史~」を鉄道博物館で開催

2019.07.08 19:18 更新

 タカラトミーは、「鉄道博物館」(埼玉県さいたま市)において、鉄道玩具「プラレール」が1959年の発売から今年で60周年を迎えたことを記念して、プラレール60周年記念展「プラレール博物館~昭和・平成・そして令和へ プラレールの歴史~」を鉄道博物館・本館2Fスペシャルギャラリー1で7月19日から9月1日まで開催するす。

 同記念展は、鉄道博物館の協力のもと実施するもので、夏休み期間に合わせ、親子3代で楽しく学んでもらえる内容になっている。

 昭和・平成を駆け抜けた「プラレール」のこれまでの【歴史】、そして令和を迎えた【現在】と【未来】を、本物の鉄道に関する展示も交えつつ、鉄道博物館の学芸員やプラレール担当者の解説付きで展示する。

 また、プラレールの令和初のセット商品でもあるプラレール60周年記念商品「レールも!車両も!情景も!60周年ベストセレクションセット」を例にプラレールができるまでの過程をスケッチや試作品と共に紹介する。

 鉄道博物館に収蔵されている貴重な資料と、プラレールの開発資料を並べて展示する。また、開催期間中には本館1Fエントランス付近に「E5系新幹線はやぶさ」の形を“青いレール”で再現した幅約3600mmの大型のプラレールジオラマ「E5系新幹線はやぶさ プラレール車両ジオラマ」を初展示する。

[開催期間]7月19日(金)~9月1日(日)
[開催場所]鉄道博物館 本館2F スペシャルギャラリー1
[入場料]無料 ※鉄道博物館の入館料のみで鑑賞できる

タカラトミー=https://www.takaratomy.co.jp/


このページの先頭へ