その他ニュース

バンダイ、「びっくらたまごDX ドラマチックお風呂シリーズ おふろ水族館」を販売

2022.07.29 12:04 更新

 バンダイ ライフ事業部は、累計出荷数1億5000万個(7月時点)を突破したマスコット入り入浴剤「びっくらたまご」シリーズの発売20周年を記念し、大人も子どもも楽しめる“ドラマチックお風呂シリーズ”を立ち上げ、その第2弾として「びっくらたまごDX ドラマチックお風呂シリーズ おふろ水族館」を7月に全国の量販店・ドラッグストア・ベビー専門店・玩具店・家電量販店の日用品売場・玩具売場で販売を開始した(発売元:バンダイ)。

 同商品は、「ドラマチックお風呂シリーズ」第2弾として、水族館をテーマにして制作されている。

 2002年に発売した「びっくらたまご」の最初の商品が「海のなかま」という、海の生き物をモチーフにしており、同商品はそれをオマージュし20年後の技術の進化と歴史を感じられる仕様になっている。海の生き物たちの生き生きとした表情にぜひ注目してほしいとのこと。

 20年前の商品同様に入浴剤を溶かすと水色のお湯が広がり、中から海の生き物のマスコット(同商品はネームプレート付き)が出てくる。「びっくらたまご」シリーズ初の、飾れる専用台座付きで、台座は半円のアクリル仕様で生物と同じ水の中からの目線と、水族館のガラス越しに眺めている目線の両方が楽しめる。

 マスコットは、バンドウイルカ、コウテイペンギン、ゴマフアザラシ、ラッコ、ホッキョクグマの全5種とのこと。海の生き物たちのかわいい瞬間がマスコットになってお風呂から飛び出す。

 お湯の中で優雅に泳ぐ姿を愛でるもよし、台座に飾って水族館風を楽しむもよし。いつものお風呂がワクワクして、癒しのひと時となる体験型「びっくらたまご」となっている。

[小売価格]638円(税込)
[発売日]7月

バンダイ=https://www.bandai.co.jp/


このページの先頭へ