その他ニュース

シチズン時計、「シチズン プロマスター」から強化耐磁仕様ムーブメント搭載のメカニカルダイバーズウオッチ2モデルを発売

2022.07.29 19:50 更新

 シチズン時計(以下、シチズン)は、プロフェッショナルスポーツウオッチとしての高い性能に加え、「想像力」という価値を提案する「シチズン プロマスター」から、1977年発売の「チャレンジダイバー」のデザインを継承し、現代にアップデートした強化耐磁仕様ムーブメント搭載のメカニカルダイバーズウオッチ2モデルを8月19日に発売する。

 シチズンのアーカイブにおいてユニークな逸話を持つダイバーズウオッチ「チャレンジダイバー」。1983年にオーストラリアのロングリーフビーチで、フジツボに覆われながらも動き続けているものが発見された。フジツボの付着状況から長期間海中にあったことがうかがえるものだった。同モデルは、その「チャレンジダイバー」のデザインを継承しながら、外装とムーブメントを現代的にアップデートした。

 風防は、サファイアガラスを使い、上面はフラット、裏面は球面、そしてサイド部分に立体的なカットを加えることで、クラシックな雰囲気を演出している。また、りゅうずガードの無いデザイン、41.0mm(設計値)の径サイズもオリジナルモデルを継承している。ケース素材は、軽量でキズに強いスーパーチタニウム(シチズン独自の技術によって、チタニウムに表面硬化技術デュラテクトを施しステンレスの約5倍以上の硬さを実現。キズに強く、軽く肌にもやさしいので、快適な着け心地で使用できる(ステンレスのビッカース硬度は約200Hv))を採用し、ケース厚をオリジナルモデルに比べて薄くすることで、装着感をより快適にアップデートした。

 同モデルに搭載するCal.9051は、ひげぜんまいと周辺のパーツに磁気を帯びにくい素材を使うことで、磁気を発する機器に1cmまで近づけても性能が維持できる第2種耐磁(16000A/m)(日本工業規格「JISB7024 耐磁携帯時計一種類及び性能」に規定されたJIS 保証水準 16000A/m をクリアしたもので、磁気に1cm まで近づけてもほとんどの場合性能を維持することが可能)をクリアしている。スマートフォン等、磁気を発する機器に囲まれた日常生活ではもちろんのこと、磁気コンパスを積んだ船上でも安心して使える。耐磁性だけでなく、ISO(国際標準化機構ISOではダイバーの安全確保のために、ダイバーズウオッチに対して「ISO 6425 ダイバーズウオッチ」で仕様を規定している)規格に準拠する200m潜水用防水、最大巻き上げ時42時間駆動、平均日差-10~+20秒の性能を備えている。

[小売価格]
 NB6021-17E:9万6800円
 NB6021-68L:12万1000円
(すべて税込)
[発売日]8月19日(金)

シチズン時計=https://www.citizen.co.jp/


このページの先頭へ