その他ニュース

タカラトミーアーツ、工場体験型クッキングトイ「クルクルのりまき工場」を発売

2022.06.17 19:16 更新

 タカラトミーグループのタカラトミーアーツは、レールを走りながら“のりまき”を作り、そのまま回転寿しとしても楽しめる、オールインワンの工場体験型クッキングトイ「クルクルのりまき工場」を10月から発売する。

 タカラトミーアーツは、流しそうめんを家族や仲間とエンターテインメントとして楽しむ「流しそうめんスライダー」シリーズをはじめ、こだわりの「食」を追究し、究極の味やアレンジを楽しめる「究極」シリーズなど、様々なタイプのクッキングトイを展開している。

 そんな同社が今回発売するのは、“作る”から“食べる”までの工程をオールインワンでまるごと子どもが楽しめる工場体験型クッキングトイ「クルクルのりまき工場」とのこと。

 「クルクルのりまき工場」は、「自動のりまき機構」を搭載しその名の通り寿し作りの過程をまるで工場のように順を追って楽しめる商品となっている。シャリを「すしローダー」にセットし、レール上を発車させた先にまず待ち構えるのは「のりローリングゲート」だとか。「のりローリングゲート」でシャリに自動でのりが巻きついたあと、次に進むと現れる「ネタドロップ」によって、ネタがシャリの上に自動で乗せられる。これで寿しの完成となる。そして完成した寿しがさらに進むと「すし下駄スライダー」の前で寿しがドロップされる。「すし下駄スライダー」は、折りたたむと車輪が現れ貨車にも変身。「すしローダー」に連結させれば、先ほどまで“のりまき生産ライン”となっていたレールが、回転寿しに早変わりする。

 同商品は、“「すしローダー」がレールの上を前進しながら、自動でのりまきが作れるハイパークッキングトイである点”が評価され、「日本おもちゃ大賞2022 コミュニケーション・トイ部門」の優秀賞を受賞した。

[小売価格]6578円(税込)
[発売日]10月

タカラトミーアーツ=https://www.takaratomy-arts.co.jp/


このページの先頭へ