その他ニュース

三陽商会、コート専業ブランド「SANYOCOAT(サンヨーコート)」が「100年コート」専用クリーニングメニューを開発

2022.05.12 16:59 更新

 三陽商会が展開するコート専業ブランド「SANYOCOAT(サンヨーコート)」は、素材と縫製にこだわった日本製の「100年コート」を長く愛用してもらうための「100年コート」専用のクリーニングメニュー「100年コートクリーニング」を、ワードローブを“アンチエイジング”させ自然環境にも優しいサステナブルなランドリーライフを提案するクリーニング店「LIVRER YOKOHAMA(リブレ ヨコハマ)」(以下、リブレ)と協業し開発、5月10日から「リブレ」が公式サイト上で展開する“宅配クリーニングサービス”として受付を開始した。

 仕様が複雑なコートのクリーニングは一般的にも難しいとされ、消費者からも相談の多いクリーニングを、高い技術力と十分な設備を備える「リブレ」が「100年コート」専用メニューにて請け負うことで消費者が安心して預けられ、より長く着られる一着に仕上げるという。コートの状態に合わせて、ドライクリーニングか水洗いのコースを選択することができ、通常のドライクリーニングだけでは落とせない油脂やタンパク質の汚れもきれいに落とすことができる「サンヨーコート」が推奨する専用のクリーニングメニューとなっている。

 2015年に国連サミットでSDGsが採択されて以降、ファッション業界においては、特に目標12番:「つくる責任・つかう責任」を企業の事業活動の目標として取り込み、持続可能な生産消費形態を確保することが求められている。

 さらに昨今のコロナ禍をきっかけに服へのニーズや役割も変化し、バリエーションが必要だった時代から、1着の服が多くの場面で活用できることや長く着用できることが重視される時代へと需要が移りつつある。

 2013年から展開する「100年コート」は、“世代を超えて永く愛されるコート”を目指して生産・販売する、素材と縫製にこだわった日本製のコート。

 購入した消費者が安心して愛用し続けることができるよう、メンテナンスやアフターケアを直接行なう会員サービス「100年オーナープラン」を運営、その一環として3年ごとに消費者の「100年コート」を預かり、10項目において定期診断を行い希望に応じて補修を受け付ける「100年オーナープラン・ケアプログラム」も提供するなど、長く着用してもらうための取り組みを推進している。

 「100年コート」を長く着用するには適切で定期的なクリーニングが必須であること、「100年オーナープラン」会員の人から“おすすめのクリーニング店、クリーニングの注意点を教えて欲しい”“クリーニングに出したら失敗してしまった”等、クリーニングに関する問い合わせが最も多いことから、ワードローブを“アンチエイジング”させ、自然環境にも優しいサステナブルなランドリーライフを提案するクリーニング店「リブレ」と協業し「100年コート」専用のクリーニングメニューを開発することにした。

 今回「リブレ」が受付を開始する「100年コートクリーニング」は、素材と縫製にこだわった「100年コート」を長く愛用してもらうために「リブレ」と「サンヨーコート」が共同で開発した「100年コート」専用のクリーニングメニューとなっている。仕上がり具合いにばらつきが出やすく難しいとされる仕様が複雑なコートのクリーニングを、高い技術力と十分な設備を備える「リブレ」が「100年コート」専用メニューで請け負うことで消費者が安心して預けられ、より長く着られる一着に仕上げる。コートの状態に合わせて、ドライクリーニングか水洗いのコースを選択することができ、通常のドライクリーニングだけでは落とせない油脂やタンパク質の汚れもきれいに落とすことができる「サンヨーコート」が推奨するクリーニングメニューとなっている。

[利用料金]
100年コートクリーニング(ドライ):1万1000円
100年コートクリーニング(水洗い):1万3200円
(すべて税込)
[発売日]5月10日(火)

三陽商会=https://www.sanyo-shokai.co.jp/


このページの先頭へ