その他ニュース

三陽商会、コート専業50年「サンヨーソーイング 青森ファクトリー」が「本藍染コート」を直販サイトで受注を開始

2022.04.28 19:47 更新

 三陽商会の自社工場であるコート専業工場「サンヨーソーイング 青森ファクトリー(青森県七戸町、以下 サンヨーソーイング)」は、工場直販ブランド「SANYO(サンヨー) SEWING(ソーイング)」が昨年8月に応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」サイト上で展開し、約3週間で180枚が完売となった「本藍染コート」の受注販売を、5月1日~5月31日の期間、サンヨーソーイングの直販サイト「サンヨーソーイングストア」で実施する。次の受注受付は9月を予定している。

 「本藍染コート」は、「あおもり藍産業協同組合」が手掛ける独自染色法をもつ地域ブランド「あおもり藍」と協業して製作した“洗練されたシルエットと美しい発色”が特徴のコートとのこと。藍と天然由来の材料だけで染める“本藍染”の「あおもり藍」によって手作業で染色した生地に、縫製からプレスまで各工程で最適な手仕事を施して仕上げる「サンヨーソーイング」コート専業50年の技術を駆使した、青森県でしか作れないコートとなっている。

 それぞれの職人が技術と情熱を注ぎ製作したコートを、こだわりの1着を求める消費者に向けて提案するとのこと。

 アパレルメーカーの生産拠点の海外移設が進み、国内で売られている衣服の約98%は海外生産によるものといわれている。さらに、コロナ禍を含めた社会環境の変化による需要低下を背景に、同社の商品に加えて他の国内ブランドのコート生産も請け負う「サンヨーソーイング」においても生産数は減少傾向にあり、市場を動かす新たな価値をもつコートの提案が必要となっていた。

 こうしたことを背景に、「サンヨーソーイング」は、独自染色法をもつ「あおもり藍」と協業し、工場にしか生み出せない“Made in Aomori”の「本藍染コート」を製作、昨年8月に応援購入サービス「Makuake」サイト上で各生産工程における技術とコートにかける思いを伝え展開したところ、約3週間で180枚が完売、応援購入した消費者から多くの応援コメントが寄せられ、予想を上回る反響があった。

 「本藍染コート」は、「あおもり藍産業協同組合」が手掛ける地域ブランド「あおもり藍」と協業して製作した “洗練されたシルエットと美しい発色”が特徴のコート。合成染料を使わずに、藍と天然由来の材料だけで染める“本藍染”の「あおもり藍」でコート1着分の生地を手作業で染め上げ、縫製からプレスまで各工程で最適な手仕事を施す「サンヨーソーイング」コート専業50年の技術を駆使した、青森県でしか作れないコートになっている。藍染めは着用とともに深い色合いに変化していくため、経年変化を楽しみながら長く着用してもらえる1着となっている。

 デザインは、鮮やかな青の「空色」と、深い紺の「藍色」の2色を用意した。色と縫製の美しさを引き立たせるためにデザインはシンプルなステンカラータイプとなっている。生地がすっと落ちる様な無駄のないパターンを活かすために、閉めた際にボタンの見えない比翼仕立てにしている。コートの顔ともいえる襟は手作業で縫製し、襟が首になじみ、襟を立てたときに美しいシルエットとなるように仕上げている。ユニセックスで着用できるゆったりとしたパターン設計を採用した。袖部分もラグランスリーブの仕様とし、カジュアルやビジネスなど様々なスタイルの上に羽織ることができる、合わせやすいデザインとなっている。

 ディテールでは、身頃は半裏仕様、袖裏付きのため、着用すると見た目の印象に比べて非常に軽い着心地とのこと。後裾は動きやすさときれいなシルエットを両立させた釦付きシングルベント仕様となっている。ボタンは天然本水牛ボタンを「あおもり藍」で染色した。元のボタンの色によって透明感のある青色や、黒っぽい仕上がりのものなどがあり、藍染の生地にマッチする「本藍染コート」オリジナルのボタンを使用している。背裏には「SANYO SEWING」のブランドロゴ刺繡を、左前身頃裾の裏側には「あおもり藍」で染色したことを証明するブランドロゴ刺繍を入れ、オリジナル性を表現している。

 機能性では、藍染は一般的に色落ちや衣類への色移りがしやすいイメージがあるが、「本藍染コート」は丁寧に染める作業を繰り返すことによって、乾摩擦堅牢度4級(乾いた状態での摩擦時の色移りのしにくさ。1級~5級の級数があり、5級が最上位級)の染色性能を有していることを試作品で確認しており、さらに染色後の生地にはっ水加工を施していることで、軽い雨の日なら安心して着用できる(生地が濡れたり湿った状態で摩擦すると、バッグやシャツに色移りする可能性がある。生地が湿ってしまった場合は、取扱いに十分注意してほしいとのこと。洗濯はドライクリーニングを推奨している)。

[小売価格]8万8000円(税込)
[受注開始日]5月1日(日)

三陽商会=https://www.sanyo-shokai.co.jp/


このページの先頭へ