その他ニュース

シチズン時計、「CITIZEN ATTESA」からエコ・ドライブGPS衛星電波時計のムーブメントF950搭載モデルを発売

2021.10.12 19:29 更新

 シチズン時計(以下、シチズン)は、グローバルに活躍するビジネスマンをサポートする「CITIZEN ATTESA(シチズン アテッサ)」のACT Lineから、エコ・ドライブGPS衛星電波時計(定期的な電池交換不要の光発電時計で、シチズンの機能ブランド。時計で初めて「エコマーク商品」に認定された。地上から約2万km、宇宙空間を周回するGPS衛星から位置・時刻情報を取得し、時刻・カレンダーを自動で修正。地球上のどこにいても広い空がある限り正確な時刻を得ることができる)の最上位ムーブメントF950を搭載し、月面をイメージしたメタリックな文字板の新作1モデルを11月5日に発売する。

 「シチズン アテッサ」ACT Lineのエコ・ドライブGPS衛星電波時計の最上位ムーブメントF950を搭載するトップモデルに、月面をデザインモチーフにした新商品が登場する。文字板は、微細な金属の粉体を混ぜ込んだ塗料を吹き付けることで、金属ダイヤルのような質感を実現した。3時、6時、9時位置のサブダイヤルは、球面状に立体成型し、内側に傾斜のついた金属リングをあわせることで月面のクレーターを彷彿とさせるデザインとなっている。また、サブダイヤルの金属の質感が金属リングに反射し、月のような柔らかな光沢をもたらす。ケースとバンドには艶やかなブラックカラーが魅力のデュラテクトDLC(デュラテクトはシチズン独自の硬化技術。ステンレスやチタニウムなどの金属表面硬度を高め、優れた耐摩耗性によって、すりキズや、小キズから時計本体を守り、素材の輝きを長時間保つ技術の総称。DLCは工業製品にも使用されている耐摩耗性に優れた技術で、Diamond-Like Carbonの略)、ベゼルの縁取りにはデュラテクトピンク(貴金属のゴールドを使用した、ピンクゴールド色の「デュラテクト」。硬度約20Hvという非常に軟らかい貴金属であるゴールドを使用しながら、硬度を1100~1500Hvまで向上。明るく光沢感があり、美しく輝く(ステンレスのビッカース硬度は約200Hv))、針やインデックスにはベゼルと同系色のゴールドカラーを使うことで華やかでスポーティーな印象をもたらす。

 搭載キャリバーのF950は、時刻情報のみの受信では、世界最速レベル(光発電GPS衛星電波時計として。9月現在、同社調べ。2015年シチズンは光発電GPS衛星電波時計として世界で初めて、最短3秒の受信を実現した)「最短3秒」で受信し、メインタイムの時針と分針を従来の2倍の速さで動かし時刻を表示する。さらに、ダブルダイレクトフライト(「ダイレクトフライト」は都市選択ワールドタイム機能。りゅうずのみの簡単操作で、世界39時差の時刻とカレンダーを表示。「ダブルダイレクトフライト」は、さらに、ホームタイムとローカルタイムに設定した2つの都市時刻を同時に表示し、1ステップで入れ替えることができるデュアルタイム機能を搭載している)や1/20秒クロノグラフ機能なども備えたフルスペックモデルとなっている。

[小売価格]27万5000円(税込)
[発売日]11月5日(金)

シチズン時計=https://www.citizen.co.jp/


このページの先頭へ