その他ニュース

AOKI、24時間どこでも着回せる「パジャマスーツ」のラインアップを約10倍に拡大、が~まるちょばさんがスペシャルパントマイムで魅力を紹介

2021.10.17 17:01 更新

 AOKIは、コロナ禍による生活の変化にともない、1着であらゆる年代の人が24時間365日着回せる「パジャマスーツ」を昨年から展開してきた。今回、発売1周年となる11月を目前に、「パジャマスーツ」の新戦略に関する発表会を10月14日に開催した。発表会では、今季「パジャマスーツ」のラインアップを前年の約10倍に拡大し、サッカーベルギー1部リーグ「STVV(シント=トロイデンVV)」のオフィシャルスーツとしても提供することを発表した。また、「パジャマスーツ」の秋冬向けラインアップをファッションショー形式で披露したほか、マイムアーティストのが~まるちょばさんが「パジャマスーツ」の魅力をスペシャルパントマイムで紹介してくれた。

 「当社は、『人々の喜びを創造する』をコンセプトに、創業から時代の変化に合わせて顧客のニーズやウォンツに応えられる商品・サービスを企画開発し、提供してきた」と、AOKIホールディングスの青木彰宏社長が挨拶。「新型コロナウイルス感染症の影響で、人々の行動や生活様式、考え方や価値観は劇的に変化した。また、働き方や働く服についても、リモートワークをはじめとした新しいライフスタイルの浸透により大きく変化している。これを受けて、当社もスーツや礼服の販売数量が大幅に減少し、ビジネスモデルの変革が必須の状況となっている」と、コロナ禍におけるスーツ需要の減少を受けビジネスモデルの転換が必要になっていると指摘する。

 「当社では、全国600店舗に来店する顧客一人ひとりと30分前後の対話接客を行っており、これを通じて、今の時代のニーズ・ウォンツに応える商品をスピーディーに企画開発してきた。昨年、コロナショックが直撃し、スーツの販売量が減少した際も、徹底して顧客へのヒアリングを実施した。その結果、『出勤がなくなり、スーツを着なくなった』、『自宅でくつろぎながらも、仕事の時はきちんとしたい』、『家でのリラックスからリモート会議、ちょっとした外出まで、1着で着回せる服が欲しい』といった悩みや要望が寄せられた」と、顧客へのヒアリングを通じて、新しい生活様式でのスーツの課題が浮き彫りになったという。「そこで、新たに得られた定性的データとこれまで蓄積してきた定量的データを掛け合わせ、当社の強みであるスーツを作る力とコーディネートする力を活用し、リラックス感ときちんと感を両立した商品の開発に全社を挙げて取り組んだ、そして、昨年11月、AOKI新戦略の柱となる24時間どこでも使える『パジャマスーツ』が誕生した」と、「パジャマスーツ」を商品化するに至る経緯を説明した。

 「『パジャマスーツ』は、スーツのきちんと感とパジャマのリラックス感を併せ持った、スーツの常識を覆すカジュアルスーツとなっている。発売当初、“パジャマ以上、オシャレ着未満”というコンセプトで商品を展開したのだが、消費者がこの商品を『パジャマスーツ』と呼ぶようになり、ここから『パジャマスーツ』というネーミングが生まれた。また、あらゆる年代や性別、シーンを問わず、24時間どこでも着回せる汎用性の高さも特徴となっている」と、「パジャマスーツ」の魅力をアピール。この後、今年の秋冬向けラインアップとして、「エアジャージー ジャケット」や「暖かパンツ カーゴパンツ」、「エアジャージーワイド パンツ」、「スウェード ジャケット」、「ガンクラブ パンツ」、「デニムルック ジャケット」、「デニムルック パンツ」などがファッションショー形式で披露された。

 次に、「パジャマスーツ」の新戦略について、AOKIの上田雄久社長が説明した。「『パジャマスーツ』の購入者にアンケート調査を実施したところ、『オフィスやテレワークで着用する』だけでなく、『普段のカジュアルにも使える』、『家族旅行に着ていきたい』、『Tシャツの上に羽織れば、きちんと感が出る』など、当初想定していた以上に幅広いシーンで活用されていることがわかった」と、発売から約1年が経ち、「パジャマスーツ」の新たなニーズが顕在化してきたという。「そこで、こうした新しいニーズに応えるべく、今秋冬シーズンは“24時間どこでもパジャマスーツ”をコンセプトに、前年の約10倍の商品を展開し、消費者への提案を強化していく。マーケティング施策としては、『パジャマスーツ』初のTV-CMを放映するとともに、デジタル媒体とマス媒体の最適化を図り、幅広い年代層の消費者に向けてアプローチしていく」と、商品ラインアップを大幅に拡大し、全国民に認知されるブランドを目指す考えを示した。

 「また、当社は、経営理念の一つでもある『公共性の追求』のもと、ベルギーサッカー1部リーグの『STVV(シント=トロイデンVV)』のオフィシャルスーツサプライヤーとして協賛し、選手・スタッフへのオフィシャルスーツの提供を行っている。3年目を迎える今年は、移動時や公式行事の際に、より快適に過ごしてもらえるよう『パジャマスーツ』をオフィシャルスーツとして提供した」と、伝統と格式を重んじる欧州サッカークラブの「STVV(シント=トロイデンVV)」に「パジャマスーツ」が採用されたことも発表した。

 ここで、マイムアーティストのが~まるちょばさんが登場し、「パジャマスーツ」の魅力をパントマイムを通じて紹介してくれた。パントマイムでは、朝起きてから、犬の散歩、通勤、仕事、デート、帰宅まで、「パジャマスーツ」1着で一日を過ごせる着まわし力の高さを表現。また、食事で汚れてしまっても、洗濯機で丸洗いできることも伝えてくれた。

 最後に、AOKIホールディングスの青木彰宏社長は、「当社では今後、『パジャマスーツ』を幅広い消費者に愛される新時代のカジュアルスーツとして全力を注ぎ、3年をめどに『パジャマスーツ』をはじめとしたカジュアル領域で、売上高100億円を目指す。そして、これまでの“郊外型紳士服専門店のAOKI”から、“ライフ&ワークスタイルのAOKI”へとシフトし、独自の業態を確立していく」と、「パジャマスーツ」を軸にビジネスモデルの変革を加速していくと意気込んだ。

[小売価格]
ミラノリブ素材パジャマスーツ<STVV限定モデル>
 ジャケット:8789円
 ボトム:7689円
(すべて税込)
[発売日]10月15日(金)

AOKI=https://www.aoki-style.com/


このページの先頭へ