その他ニュース

三菱地所、業界最短30分から依頼可能な定期家事代行サービス「30min.(サーティーミニッツ)」の申込受付を開始

2021.10.08 18:12 更新

 三菱地所は、10月8日から、家事代行を気軽に使える新サービス「30min.(サーティーミニッツ)」を立ち上げ、港区・千代田区・中央区・渋谷区・新宿区の対象物件(サービス開始時点では三菱地所コミュニティの管理マンション等を中心とした物件を想定しているが、今後は同社グループ管理下のマンションに限らずサービスを提供する予定)において、サービスの申込受付を開始する。併せて、同日からホームページ上で同サービス利用の希望を募る「事前登録(事前登録に登録すると、住いのエリアや物件がサービス提供対象となった時点で、メールでサービス開始の案内を配信する)」の受付を開始する。今後、「事前登録」の多いエリアへ優先的にサービスを拡大させていく予定。

 同サービスは、従来2~3時間の最低依頼時間が設定されることが多い家事代行サービスを、マンションやエリア内で需要の多い曜日・時間帯に集約することで、巡回型で30分単位から利用できるようにした新たなかたちの定期家事代行サービスとなっている。

 現在、共働き世帯の増加や、コロナ禍における在宅勤務時間の増加等、家事の負担が増えている一方で、家事代行サービスは「価格が高そう」「どんなスタッフが来るのかが分からない」「どこの事業者を選べばよいか分からない」といった不安が伴い、特にサービス利用経験の無い人にとっては心理的なハードルが高い状況となっている。そこで、家事代行サービスを短時間で利用できるようにすることで、より身近に・気軽に使ってもらえる機会を提供し、新たな需要の喚起を図っていく考え。

 同事業は、三菱地所の2019年度の新事業提案制度において提案・採択され実現に至った。三菱地所は「長期経営計画2030」で、サービス・コンテンツの提供等を通じて、新たな顧客体験の創出を目指しているが、今後も既存ビジネスとのシナジーが期待される新事業をはじめ、まちづくりに関わるあらゆるサービスを提供していくという。

[サービス開始日]10月8日(金)

三菱地所=https://www.mec.co.jp/


このページの先頭へ