その他ニュース

三陽商会、セレクトショップ「ラブレス」のオリジナルブランドから「ユニセックスシリーズ」全5型を順次発売

2021.09.14 13:04 更新

 三陽商会が展開するセレクトショップ「LOVELESS(ラブレス)」は、オリジナルブランド「LOVELESS」から、男性女性を問わず様々な人が着ることができるユニセックスのシリーズ全5型を、全国の「ラブレス」ショップ7店舗およびオンラインストアで9月16日から順次発売する(スウェットの1型のみ9月16日発売。他4型は10月7日発売予定)。多様性をイメージした7色展開のニットをはじめ、シックなフラワープリントを施したスウェットや、毛足の長いシャギー素材を用いたシャツアウターなど、ゆったりとしたサイズ感とシンプルなかたちに色や素材でジェンダーフリーを表現し、性別の垣根がなくなっている多様性の時代にファッションを楽しむひとつの選択肢として提案する。

 近年、性別や年齢、国籍などの多様性を尊重する考え方が浸透してきている中、ファッションの市場においては、自分らしい着こなしを柔軟に楽しむ層が男女の区別を気にせずに商品を選ぶケースが増えてきている。

 また、装いに対して着心地の良さやリラックス感などを重視する傾向が高まり、オーバーサイズのニーズが増えたことも相まって、セレクトショップ「ラブレス」においても、特に昨年春頃から、レディスのLサイズよりも大きなサイズを求める女性の消費者がメンズ商品を購入し、ゆとりのあるTシャツやパーカーが人気となっていた。

 こうしたことを背景に「ラブレス」では、LGBTQ(性的少数者)に限らず、性別の垣根がなくなっている多様性の時代にファッションを楽しむひとつの選択肢として、男性女性様々な人が着ることができるユニセックスのシリーズを展開することにしたという。

 製品開発においては色選びなどでLGBTQの社員の意見を取り入れ、店頭では男性女性どちらの消費者も手にとりやすいよう、メンズコーナーとレディスコーナーの中央に男女のマネキンにディスプレイして展開する予定となっている。

 「LOVELESS」ユニセックスシリーズの特徴として、全体のつくりはメンズをベースとし、男女問わず着用できる、ゆったりとしたサイズ感となっている。形はシンプルにしつつも、多色展開をはじめ、シャギー素材やモヘヤ素材、フラワープリントなど、女性ものに取り入れることが多かった要素を取り入れ、色や素材で多様な人の好みにフィットするようにしている。

[小売価格]
7色ニット:1万7600円
フラワープリントスウェット:1万8700円
シャギーシャツアウター:2万4200円
モヘヤニットカーディガン:2万4200円
モヘヤニットプルオーバー:2万2000円
(すべて税込)
[発売日]9月16日(木)から順次

三陽商会=https://www.sanyo-shokai.co.jp/


このページの先頭へ