その他ニュース

NPIXEL、スマホ向けアプリゲーム「グランサガ」のオンラインショーケースを公開、天野喜孝氏などクリエイター陣や梶裕貴さん・鬼頭明里さんなど声優陣も発表

2021.08.20 11:46 更新

 NPIXELは、スマートフォン向けアプリゲーム「グランサガ(Gran Saga)」(サービス運営:GAMEPLEX)のオンラインショーケースを8月19日に一般公開し、事前登録受付を開始した。同日に行われたメディア向け先行上映会では、映画さながらのクオリティと演出で、映像作品として制作されたショーケースを通じて、「グランサガ」の広大な世界観やストーリー、華麗なグラフィックとともに、制作に携わったクリエイター陣や主要キャラクターを務める声優陣が明らかにされた。また、上映後には、GAMEPLEX プロダクトマネージャーの鈴木宏志氏が、「グランサガ」のゲーム開発のこだわりや魅力について語った。

 「グランサガ」は、最高峰のクオリティで描かれるスマートフォン向けオリジナルゲーム作品。王道のRPGをベースに、世界中で愛されるゲームにするべく、Unreal Engine4 によるハイクオリティ3Dグラフィックや、豪華声優陣によるフルボイスストーリー、著名作曲家によるゲーム内BGMで展開される。また、それ以外にも「グランサガ」の世界に没入できるよう、すべての領域において選りすぐりのアーティストを用意している。

 今回公開されたオンラインショーケースでは、「グランサガ」の最新のゲーム情報に加え、作品に魂を込めるクリエイター陣がインタビュー形式で紹介された。イラスト/ロゴデザインを手掛けるのは、「ファイナルファンタジー」のキャラクターデザインでも知られるアートディレクターの天野喜孝氏。また、統括音楽プロデューサーには、サウンドディレクターの下村陽子氏を起用し、「グランサガ」に登場するすべてのBGMを手掛けてもらった。さらに、「グランサガ」のキャラクターボイスを務める豪華声優陣が発表され、主人公ラスを梶裕貴さん、ヒロイン役のセリアードを鬼頭明里さんが演じることが明らかになった。

 イラスト/ロゴデザインを手掛けた天野喜孝氏は、「『グランサガ』はファンタジーのど真ん中なので、思い切って表現すれば面白い世界がつくれると感じた。ファンタジーは想像の世界だが、描いているときは、自分の中で本当に存在していると信じている。『グランサガ』のデザインは、あるものをそのまま表現するというよりも、自分なりに解釈した表現で、実物と違ったとしても、表現と実物との間にある隙間の世界観をユーザーの人たちが広げてくれたらいいと思う。ゲームをしているときはみんな本気だと思うが、ぜひ『グランサガ』の世界で、緊張感のある波乱万丈な人生を体験してほしい」と、デザイン表現のこだわりを語ってくれた。

 ゲーム内のBGMをはじめ全音楽制作を担当した統括音楽プロデューサーの下村陽子氏は、「『グランサガ』は、美しいグラフィックがすごく印象的だったので、制作にあたっては、そのグラフィックにふさわしい壮大な音楽を作ることを大切にした。制作した楽曲は、実際にチェコの『ドヴォルザークホール』でフィルハーモニーの生演奏で収録し、素晴らしい仕上がりになっている。生演奏の力は、デジタル音源にはないすごいパワーがあると思っているので、『グランサガ』の壮大な世界観を表現するために、生のオーケストラ演奏での収録にこだわった」と、オーケストラ演奏によるハイクオリティな音楽と共に、耳でも「グランサガ」の世界を楽しんでほしいと訴えた。

 主人公ラスのキャラクターボイスを務めた梶裕貴さんは、「ラスは、主人公らしく、正義感が強くて熱い青年で、彼のハートに心奮わせて仲間たちとのドラマが進んでいく。ラスを演じる際には、彼の持ち前の人柄の良さや温かさみたいなものが、全体を通してプレイヤーに伝わるように意識した。ラスは、過去に大きなドラマやトラウマを抱えていて、物語の中でその真相が明らかになるシーンにはぜひ注目してほしい」と、ラスと一緒に「グランサガ」の物語を満喫してほしいと話していた。また、セリアードのキャラクターボイスを努めた鬼頭明里さんは、「セリアードは記憶を失ってしまっていて、最初の方は怯えているシーンが多いが、本来の性格はそうではないので、ただただ弱々しい子にならないように気をつけながら演じた。『グランサガ』は、とても映像が綺麗で、セリアードの表情や技、背景も本当に素晴らしいので、映像に合わせた収録ではいつも以上に気持ちを込めることができた。印象に残っているシーンは、やはり、一番最初にラスと出会う場面。魔物に襲われているセリアードが、ラスに助けてもらうのだが、この時の感情表現はすごく大事なシーンだと感じている」と、ボイス収録のエピソードを教えてくれた。

 なお、この他の主要キャラクターの声優は、キュイが悠木碧さん、カルトが諏訪部順一さん、ナマリエが沢城みゆきさん、ウィンが安元洋貴さん、ロムが桃井はるこさん、レオンが花江夏樹さんが演じることが発表され、総勢80名以上の豪華声優陣による完全フルボイスで「グランサガ」のストーリーが展開されるという。

 ショーケースの上映後には、GAMEPLEX プロダクトマネージャーの鈴木宏志氏が登壇。「『グランサガ』は、NPIXELとGAMEPLEXの2社で制作・運営を手掛ける初めての作品となる。スマートフォン向けハイクオリティRPGとして、年内のリリースを目指して開発を進めている。今回のオンラインショーケースを皮切りに、今後もさまざまなプロモーション活動を展開していく予定なので期待してほしい」と、年内のリリースに向けて、テーマソングやコラボPVなど最新情報を順次公開していくとのこと。「ゲーム開発に当たっては、長く遊んでもらえるように、目標を立てやすくして、飽きにくいバトルシーンにすることを心がけた。従来のオンラインRPGは、一人のキャラクターを強くしていくのが主流だが、『グランサガ』では、主人公だけでなく個性豊かなキャラクターを用意し、チーム編成を楽しめるバトルコンテンツも用意している」と、2人のキャラクターで協力して戦うタッグバトルや3人を選抜して戦うコンテンツ、他のプレイヤーと協力して戦う多人数バトルなど、複数のキャラクターを育てて長く楽しめるようバトルシステムを工夫したと開発秘話を明かしてくれた。

 「『グランサガ』は、目で見ても、耳で聴いても、心で感じても、それぞれに魅力あふれるRPGに仕上がった。特に、豪華声優陣によるキャラクターボイスは『グランサガ』の最大の魅力となっている。会話だけでなく、機能説明の部分にもボイスを実装しているので、普段は音を消してプレイしている人も、ぜひフルボイスでゲームを楽しんでほしい」と、開発・制作陣と声優陣が魂を込めて作り上げた「グランサガ」の魅力をアピールした。

GAMEPLEX=https://gameplex.jp/
グランサガ公式ティザーサイト=https://gransaga.jp/


このページの先頭へ