その他ニュース

三陽商会、「SANYOCOAT」から「100年コート」のパーソナルオーダーを期間限定で実施

2021.07.29 17:17 更新

 三陽商会が展開するコート専業ブランド「SANYOCOAT(サンヨーコート)」は、「100年コート」のパーソナルオーダーを7月15日~12月26日の5ヵ月にわたり「SANYO(サンヨー) ESSENTIALS(エッセンシャルズ) 日本橋高島屋S.C.店」で実施する。「100年コート」のパーソナルオーダー企画は、メンズ7型・ウィメンズ6型の13型からモデルを選定し、表地・裏地・着脱可能なライナー生地・ボタン・ベルトバックルの色や柄、素材等を複数の中から選ぶことができ、既製版の「100年コート」から豊富に揃えた基本サイズに着丈・袖丈の調整を加えることで、既製品ではサイズが合いにくい消費者も一人ひとりに合わせた1着を仕立てることができる企画となっている。“長く使える上質な定番品”や“自分に合ったこだわりの1着”への需要の高まりから、オーダーの実施期間を昨年の3ヵ月間から今年は5ヵ月間に延ばし実施する。

 2015年に国連サミットでSDGsが採択されて以降、ファッション業界においては、特に目標12番:「つくる責任・つかう責任」を企業の事業活動の目標として取り込み、持続可能な生産消費形態を確保することが求められている。

 さらに昨今のコロナ禍をきっかけに服へのニーズや役割も変化し、バリエーションが必要だった時代から1着が多くの場面で活用できることが重視されるように傾向が変わり、“長く使える上質な定番品” “自分に合ったこだわりの1着”など、服を選ぶ基準にも変化が現れている。

 こうしたことを背景に、“世代を超えて永く愛されるコート”を目指して生産し、消費者が安心して愛用し続けることができるようメンテナンスやアフターケアを直接おこなう「100年オーナープラン」も運営している「100年コート」は、年々需要の高まりを見せるパーソナルオーダー企画の受注期間を昨年の3ヵ月間から今年は5ヵ月間に延ばし実施することにした。

 今回「SANYOESSENTIALS日本橋髙島屋S.C.店」で展開する「100年コート」のパーソナルオーダー企画は、メンズ7型・ウィメンズ6型の13型からモデルを選定し、表地・裏地・着脱可能なライナー生地・ボタン・ベルトバックルの色や柄、素材等を複数の中から選べる。既製版の「100年コート」から豊富に揃えた基本サイズに着丈・袖丈の調整を加えることで、既製品ではサイズが合いにくい消費者も一人ひとりに合わせた1着を仕立てることができる企画となっている。

 オーダーの際には、コートを熟知したスタッフがサイズ調整をはじめ生地などの選択において、より最適な1着となるよう提案する。

 表地はパーソナルオーダー限定色4色を含む計7色の中から選べるとのこと。今シーズンからレッドを新たに加えた。基本サイズの展開をメンズは、S、M、L、XL、2XL、3XL、4XL、ウィメンズは、34、36、38、40、42、44、46、48、とし、より多くの消費者に合うサイズを揃えている(既成版「100年コート」のサイズ展開:メンズがS、M、L、XL、ウィメンズが34、36、38、40、42)。なお、大きいサイズは「SANYOESSENTIALS日本橋髙島屋S.C.店」のみで展開する限定サイズとなる。昨年まで1ヵ月半~3ヵ月だったオーダー期間を延ばし、今シーズンは5ヵ月間にわたりオーダーできるようにした。

 「100年コート」は、コート専業ブランドの「SANYOCOAT」が“世代を超えて永く愛されるコート”を目指し、ものづくりへのこだわりを体現した2013年から展開している日本製のコート。トレンチとバルマカーンという普遍的なスタイルにフォーカスし、表地は最高級のGIZAギザコットンで織られたギャバジン素材に耐久はっ水機能をもたせている。素材調達から縫製までのすべてを国内で行い、50年間コートを作り続けている日本でも類を見ないコート専業工場である同社自社工場「サンヨーソーイング青森ファクトリー(青森県上北郡七戸町)」で丁寧に縫製している。

 また、「100年コート」を購入した消費者が安心して愛用し続けることができるよう、メンテナンスやアフターケアを直接おこなう「100年オーナープラン」を運営している。そのサービスの一環として、「100年コート」の購入から3年ごとのシーズンオフ期間にコートを預かり、10項目において定期診断を行い、無償でボタンの緩み直し補修を行うほか、希望に応じて袖口や裾周りの擦り切れ補修などを有償で受付けるケアプログラムを提供しており、多くの消費者に登録されている。

 このプログラムを通じて、着用する中でゆっくりとその姿を変えていく「100年コート」の経年変化や衣服との長い付き合いを楽しんでもらいたいと考え運営しているという。

[小売価格]
既製品価格:9万1300円~14万6300円
パーソナルオーダー:1万7600円~
(すべて税込)
[開始日]7月15日(木)

三陽商会=https://www.sanyo-shokai.co.jp/


このページの先頭へ