その他ニュース

コニー、オリジナルブランド「CREEZAN」の「JETTER」シリーズからトランクなどプレステージコレクション新作4型を発売

2021.07.22 13:37 更新

 日本の鞄生産の中心地として千年の歴史を持つ豊岡で生まれた“CREEZAN(クリーザン)”は、1975年の創業以来、一貫して鞄づくりに携わるコニー株のオリジナルブランドとなっている。日本の職人による常識にとらわれないモノづくりを信条に、上質で洗練された大人の鞄を届けている。今回、「旅」をテーマに上質なホワイトレザーで鞄や小物を展開する「JETTER(ジェッター)」シリーズに、旅を優美に彩るプレステージコレクションとして、新作4型が登場する。8月4日から、公式オンラインストアおよび直営店で発売する。

 「JETTER」は世界を飛び回るジェットセッターをイメージし、日本の革職人と鞄職人の想いと技術を凝縮したCREEZANのフラッグシップシリーズとのこと。今回の新作は、ブランドの原点である「旅」に立ち返り、クラシックな旅行鞄をモチーフにした既存モデルの「TRUNK」と「DURALUMIN CASE」をベースに展開する。旅はもちろん、日常でも持ち運びしやすいサイズ感と仕様にアレンジし、新たに「VANITY CASE」を含む下記4モデルが登場する。ラグジュアリーな旅を彩るラインアップが広がる。

 「TRUNK STANDARD(トランク スタンダード)」、「VANITY CASE(バニティケース)」、「DURALUMIN CASE STANDARD(ジュラルミンケース スタンダード)」、「DURALUMIN CASE MINI(ジュラルミンケース ミニ)」のいずれも、高度な技術を有する鞄職人が手仕事で丁寧に仕上げている。重厚で贅沢な作りでありながら、上質なホワイトレザーがシックで軽やかな印象を与える自信作となっている。

 「JETTER」は、上質なホワイトレザーの鞄や小物で展開する、CREEZANのフラッグシップシリーズ。“Deep White”を追求したイタリア産の上質なシュリンクレザーと高級感のあるメタルパーツが個性を際立たせる。ほどよく肉厚なシュリンクレザーはソフトな風合いが特徴とのこと。

 この風合いを生かしたつくりにこだわり、キャリーバッグからブリーフケース、小物に至るまで緻密な設計のもとに日本の職人の技術を注いで作っている。シュリンクレザーには強撥水加工を施し雨や汚れにも強く丈夫だという。

[小売価格]
TRUNK STANDARD(トランク スタンダード):27万5000円
VANITY CASE(バニティケース):44万円
DURALUMIN CASE STANDARD(ジュラルミンケース スタンダード):24万2000円
DURALUMIN CASE MINI(ジュラルミンケース ミニ):19万8000円
(すべて税込)
[発売日]8月4日(水)

コニー=http://www.cony.ne.jp/


このページの先頭へ