その他ニュース

バンダイ、ウェアラブル型&タッチ液晶搭載「Tamagotchi Smart(たまごっちスマート)」を発売

2021.06.18 19:05 更新

 バンダイは、携帯型育成玩具「たまごっち」シリーズの最新機種「Tamagotchi Smart(たまごっちスマート)」(全2色)を11月23日に発売する。主なターゲットは小学生で、販売ルートは全国の玩具店、百貨店・家電店・量販店の玩具売り場、オンラインショップなどとなっている。

 「たまごっち」は、1996年(平成8年)の発売開始以降、海外でも展開し、全世界でシリーズ累計8300万個以上を販売している(3月末時点)。時代とともに幾多の進化を遂げてきた「たまごっち」が、誕生25周年を迎える今秋に「Tamagotchi Smart」として登場する。

 同商品は「“スマート”なたまごっち」をコンセプトに、時代に合わせた新機能を搭載し、たまごっちとのコミュニケーションをより「スマート」に楽しめるようになった。新しい特徴は、ユーザーに懐いてくれるたまごっちとのこと。よりスマートに進化したたまごっちは、ユーザーが答えた質問の内容を記憶して話したり行動したりする。育て方によって成長するキャラクターが変化するほか、同じキャラクターでもより長く持ち歩いたり、何度も触ったりしてコミュニケーションを取れば取るほど、ユーザーに寄り添うパーソナルペットになる。

 今回、タッチ液晶とマイクを搭載した。たまごっち初のタッチ液晶を搭載し、たまごっちに直接触れる感覚でお世話ができるようになったという。また、マイク機能によって、たまごっちに声をかけることも可能になった。たまごっちの頭を撫でたり、話しかけてあげたりなどのコミュニケーションを取ることで、ユーザーに懐いてくれるたまごっちに成長する。

 そして、ウェアラブル型でより身近な存在になった。スマートウォッチのように身に着けて持ち歩ける形状を採用した。身に着けることで、歩数がカウントされてたまごっちのリアクションが変化するほか、動きを検知して遊べるダンスゲームなども楽しめる。

[小売価格]各6380円(税込)
[発売日]11月23日(火)

バンダイ=https://www.bandai.co.jp/


このページの先頭へ