その他ニュース

三井不動産とオイテル、生理用ナプキンの無料化を実現するサービス「OiTr」を商業施設へ本格導入、ららぽーと富士見の女性トイレ全個室に計141台を設置

2021.06.03 19:59 更新

 三井不動産は、オイテルの企業理念に共鳴し、三井不動産グループが管理・運営する商業施設へ、生理用ナプキンを常備し無料で提供するサービス「Free pad dispenser OiTr」(以下、「OiTr」)(オイテル)を今年夏から本格導入する。三井ショッピングパーク ららぽーと富士見(埼玉県富士見市)の女性トイレ全個室に計141台を導入するのを皮切りに、他の施設にも順次導入していく考え。

 OiTrの利用方法は、生理用ナプキンが常備されているディスペンサーがあり、そのディスペンサーに専用アプリをかざすと、生理用ナプキンを無料で利用可能となる。

 OiTrは、オイテル社が展開する、商業施設・オフィス・学校・公共施設などの個室トイレに生理用ナプキンを常備し無料で提供するサービスとのこと。生理用ナプキンは、日常的に必要なサニタリー用品だが、トイレットペーパーとは異なり、無料で提供されていることは非常に稀だという。OiTrは、トイレットペーパー同様に無料で生理用ナプキンが常備される世の中にしたいという思いから生まれた。

 三井不動産グループは、オイテル社の「経済格差やジェンダーギャップといった不均衡の是正に寄与したい」という理念に共感し、3月の実証実験を経て、今回同サービスの本格導入するに至った。同サービスを商業施設に来館する消費者の生理に伴うさまざまな負担の軽減に役立ててもらい、より楽しく安心して商業施設を利用してもらう一助となればと考えているという。また、商業施設等さまざまな場所で生理用ナプキンが常備される世の中へ変わる先駆けとなることを願っているという。

三井不動産=https://www.mitsuifudosan.co.jp/
オイテル=https://www.oitr.jp/


このページの先頭へ