その他ニュース

アーツアンドクラフツ、絵本制作プロジェクトのクラウドファンディングをMakuakeで開始、「好き」を仕事にしたい女性やものづくりを通じて頑張る女性たちを応援

2021.06.11 17:40 更新

 オーダーメイド結婚指輪工房[ith/イズ]を手掛けるアーツアンドクラフツは、“好き”を仕事にしたい働く女性やものづくりを通じて頑張る女性たちを応援する企画として、絵本制作プロジェクトを立ち上げ、6月10日から「Makuake(マクアケ)」でクラウドファンディングを開始した。

 「女性がもっと活躍できる社会の実現」を目指し、様々な取り組みが国内で進んでいる一方、コロナ禍における社会・生活様式の大きな変化の中で、女性の就業率は低下を招き、悩み苦しんでいる女性は少なくない。働く女性たちにおいても、より自分らしい生き方や働き方にチャレンジできる可能性を感じつつも踏み出せないまま、好きなこと、やりたいことを諦めてしまっている声が絶えないという。

 今回、自身も宝飾メーカー在籍時にはジレンマを抱えていたところから、独立して小さなアトリエを立ち上げ、6年間で全国11店舗+オンラインショップ、100名以上のスタッフを束ねる立場となったith代表の高橋亜結氏と、編集プロダクション勤務から牛乳配達員を経た後、絵本の学校ウーマンクリエイターズカレッジを創設し、200名以上の女性クリエイター、アーティストを輩出している松本えつを氏が意気投合し、“好き”を仕事にしたい女性たちを応援しながら、ものづくり志向の女性が活躍できる社会環境づくりに努めていきたい想いから、絵本制作プロジェクトが生まれたとのこと。

 絵本の制作においては、ith代表の高橋氏が独立し仕事もまばらで不安ななか、自分と顧客を信じてジュエリーづくりに没頭していた頃の話をモチーフに、松本氏がストーリーを書き下ろし。そこからウーマンクリエイターズカレッジで学んだ女性クリエイターの中からオーディションを行い、絵本作家を目指しているかなをさんを作画に起用。「コロナや世の中の不都合に負けずに、夢に向かって頑張ってほしい」というメッセージがシンプルに伝わる内容を目指している。

 ここ数年、その価値が見直されている絵本の世界。本が売れないといわれて久しいこの時代において、唯一売り上げを伸ばしているジャンルが絵本などの児童書だとか。絵本というメディア・コンテンツとして発信することで、多くの女性にメッセージが届くことを狙っている。

 今回のプロジェクトは、昨年11月から制作をスタートし、今年8月頃の完成販売を予定している。必要資金の一部を充当するためと、より多くの人にプロジェクトを知ってもらう目的で、クラウドファンディングサイトMakuakeを活用し、6月10日から7月26日まで、先行優待価格で応援購入の募集を実施する。その後、全国の書店およびithの店頭等での定価販売も予定している。

 なお、Makuakeでは絵本に加え、ithで販売中のネックレスや、絵本作家による描き下ろしイラストも特別価格で販売する。

 ithは、女性職人のアトリエから生まれた結婚指輪工房。“たくさんよりも、ひとつをたいせつに”の思いのもと、顧客それぞれのストーリーを込めたジュエリーを、ひとつひとつオーダーメイドで仕立てている。

 ithを手掛けるアーツアンドクラフツは、「つくるの力で、世の中をもっと豊かに」をヴィジョンに、様々なものづくりに関わる人々とテクノロジーの力を掛け合わせ、これまでも多くの「ともに、つくる。」を提案してきた。今回のith代表の高橋氏をモチーフとした絵本制作プロジェクトを機会に、これからも働く女性、ものづくり志向な女性たちを支援・応援する取り組みを推進していく考え。

アーツアンドクラフツ=https://www.arts-crafts.co.jp/
ith/イズ=https://www.ateliermarriage.com/
ウーマンクリエイターズカレッジ=https://woman-college.com/course/picture-book-writer/
絵本制作プロジェクトのMakuake応援購入ページ=https://www.makuake.com/project/ateliermarriage
絵本制作プロジェクトコラム=https://www.arts-crafts.co.jp/woman/


このページの先頭へ