その他ニュース

集英社、国内男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE FINAL」ハーフタイムに「スラムダンク奨学金 SPECIAL MOVIE」を公開、「スラムダンク奨学金」新聞広告も同時展開

2021.05.30 10:54 更新

 集英社は、5月30日開催の「日本生命 B.LEAGUE FINALS 2020-21」において、 一度限りで「スラムダンク奨学金 SPECIAL MOVIE」を公開する。「SPECIAL MOVIE」は、「日本生命 B.LEAGUE FINALS 2020-21」の5月30日内に、たった1度だけCMを放送するとのこと。ぜひ注目してほしいという。同日の朝日新聞全国版朝刊に「スラムダンク奨学金」広告も掲載する。

 「スラムダンク奨学金」は、“「夢」への後押しをとめない。”を合言葉に、バスケットボール漫画「SLAM DUNK」で知られる漫画家・井上雄彦氏を中心に2006年に創設した。「スラムダンク奨学金」は、バスケットボールに取り組む高校生を対象に、本場アメリカへの留学の機会を提供する奨学金制度となっている。2019年までに15名を選出し、卒業生のうち7名が国内男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」で活躍しているとのこと。

 しかしながら、昨年以降は新型コロナウイルス感染症の影響で同制度の実施も見送りとなり、世界を見据えた未来ある高校生の夢の後押しが難しい現状だ。「スラムダンク奨学金」は、どのような状況であっても高校生に夢を見続けてもらいたい、それを支える存在でありたいという志から、今回のSPECIAL MOVIEの公開を決めた。人々がこれからも「夢」ある未来を見続けられるようにとの願いを込めているという。

 「スラムダンク奨学金」は、「SLAM DUNK」の作者である井上雄彦氏の「この作品をここまで愛してくれた読者とバスケットボールというスポーツに、何かの形で恩返しがしたい」という志から始まった。高校を卒業後、大学あるいはプロを目指しアメリカで競技を続ける意志と能力を持ちながら、経済的その他の理由でその夢を果たせない若い選手を支援することでその目的を果たそうと設立された。奨学金の原資は、「SLAM DUNK」の印税の一部と、アイティープランニング、集英社の拠出金で成り立っている。

 「日本生命 B.LEAGUE FINALS 2020-21」は、国内男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」のB1リーグ戦を勝ち抜いた8クラブによるトーナメント方式を経て、勝ち残った2チームの対戦で今年度の年間優勝クラブを決定する(2戦先勝方式)。

[放送概要]
タイトル:スラムダンク奨学金 SPECIAL MOVIE
公開日時:5月30日(日)日本生命 B.LEAGUE FINALS 2020-21 ゲーム内ハーフタイム
     日本テレビ系「日本生命Bリーグファイナル第2戦(14:55~)」で見ることができる

[日本生命 B.LEAGUE FINALS 2020-21概要]
試合日
 GAME1:5月29日(土)15:05
 GAME2:5月30日(日)15:00
 GAME3:6月1日(火)19:05

スラムダンク奨学金=http://slamdunk-sc.shueisha.co.jp/
「日本生命 B.LEAGUE FINALS 2020-21」公式サイト=https://www.bleague.jp/


このページの先頭へ