その他ニュース

ユニクロ、「UNIQLO and JW ANDERSON」の今年春夏コレクションを発売

2021.04.01 19:56 更新

 ユニクロは、現代のファッションシーンを牽引するロンドン発のブランド、JW ANDERSON(ジェイ ダブリュー アンダーソン)とのコラボレーション「UNIQLO and JW ANDERSON」。リセットとリニューアル、フレッシュなスタートといった“春”のイメージからインスピレーションを得た今年春夏コレクションのテーマは、“Threads in bloom”(春を紡ぐ)。ナチュラルな風合いの素材に、ブランケットステッチや花の刺繍があしらわれた遊び心溢れるラインアップとなっている。

 「外出が制限される中でコレクションを制作するにあたり、春、そしてリニューアル、というアイデアがずっと心にあった。そして私にとって大切なクラフトのエッセンスを、いかにコレクションに反映させるかについても思案してきた。このコレクションを着ることで、人々が温かく、そしてポジティブな気持ちになることを祈っている」と、ジョナサン・アンダーソン氏はコメントしている。

 のどかな春の陽気と、手仕事の温もりを思い起こさせるコレクションは、ポジティブで希望に満ちた新たな始まりを迎えられるようにとの願いを込めてつくられた。JW ANDERSONの革新的なデザインと、UNIQLOのシンプルで上質な服づくりとが融合することで、LifeWearはさらに進化を続けている。

 可憐でタフな野花を思わせる可愛らしい小花の刺繍は、Tシャツやブラウス、そして帽子やトートバックなどのグッズに。色や素材に合わせて趣が変わる刺繍が、アクセントとして文字通り花を添えている。ざっくりとしたメンズTシャツやワークシャツ、ウィメンズのデニムに施されたブランケットステッチや、ボヘミアンな雰囲気のスモッキングディティールのドレスやスカートもコレクションを象徴している。

 カーキ、ブラウン、アイボリーなどの落ち着いたカラーをメインとしながら涼やかなリネンやシアサッカーを使用することで軽やかな印象に。メンズ、ウィメンズ共にボトムス合わせで展開されるセットアップはリネンブレンドやコットンスラブなど、柔らかでクラフト感のある生地を採用した。リラックスした雰囲気を纏いながらもステッチワークやシルエットの妙がJW ANDERSONならではの一着となっている。

[小売価格]
シャツ:1990円~3900円
ニット:2990円
ボトムス:2990円~3990円
カットソー:1500円~1990円
ワンピース:1990円~5990円
グッズ:390円~3990円
(すべて税込)
[発売日]4月23日(金)

ユニクロ=https://www.uniqlo.com/jp/ja/


このページの先頭へ