その他ニュース

エプソン販売、「ORIENT STAR」から「星雲」をイメージした「メカニカルムーンフェイズ」の新作2モデルを発売

2021.04.28 16:03 更新

 エプソンは、「ORIENT STAR」の「メカニカルムーンフェイズ」コンテンポラリーコレクションからマザーオブパール(MOP)文字板を採用する新作2モデルを6月3日に発売する。

 1951年に誕生した「ORIENT STAR」は、「輝ける星」と呼ばれる機械式時計を理想に掲げ、伝統的な職人技と最新の時計製造技術とを融合したMADE IN JAPANの高品質時計を一貫して生産し続け、今年に70周年を迎えた。「メカニカルムーンフェイズ」は、機械式時計の独創的なデザインと高性能の自社ムーブメントが人気のフラッグシップモデルとなっている。

 2017年に誕生した「メカニカルムーンフェイズ」は、オリエントスターの特長であるパワーリザーブを12時位置に、機械式ムーブメントの一部が文字板から見えるセミスケルトンを9時位置に配置している。そして指針式の日付表示に囲まれた6時位置のムーンフェイズ表示も含め、これら3つが備わる独創的な設計が専門家からも高く評価され、時計愛好家の間で幅広く人気を博してきた。昨年には、6時位置のムーンフェイズ表示を月に、9時位置のセミスケルトンを地球に見立て、月の向こうに見える地球という斬新な発想でデザインした新モデルをコンテンポラリーコレクションから発表した。

 今回加わるモデルの特長は、白蝶貝の模様と深みのある色彩で立体感を強調したMOP文字板とのこと。オリエントスターらしい絶妙なカラーリングはMOPが放つ独特の光彩によって宇宙のイメージをさらに一歩進めている。とりわけオリエントスター70周年限定モデルはデザインテーマの「星雲」を表現し、「輝ける星」を目指してきたブランドの世界観を鮮明に表現している。

 世界700本(国内500本・海外200本)限定で、裏ぶたに70周年記念およびシリアルナンバーを刻む70周年記念限定モデルは、上下に濃くなるグリーングラデーションのMOP文字板に対してダークグリーンを基調とするパワーリザーブやセミスケルトン、ムーンフェイズ表示が奥行き感を演出し、深遠な宇宙空間へと誘う。高級感のあるホワイトのMOPを採用したレギュラーモデルは、MOPとトーンを合わせてホワイトを基調とするパワーリザーブ、セミスケルトン、ムーンフェイズ表示にブルーの針が映え、天体の空間を思わせる。これらのデザインは、両面無反射コーティングが施されたサファイアクリスタルを通じて隅々まで明瞭に見渡せるとのこと。またいずれも、りゅうず側面に配されたセラミックパーツが程よいアクセントを添えている。

 両モデルとも安定した高精度と信頼性、50時間以上のパワーリザーブが備わる自動巻きの自社キャリバーF7M63を搭載し、ケース裏面のサファイアクリスタルを通してその姿が見える。10気圧の防水性が備わるケースとメタルバンドには耐食性に優れる高品質ステンレススチール(SUS316L)を用い、ザラツ研磨を施してエッジを効かせた力強いケースデザインにモダンな感覚が際立ち、ビジネスからオフまで幅広いシーンで活用できる。

 「ORIENTSTAR」は、デザイン、パーツ、製造すべての点で「輝ける星」と呼ばれる機械式時計を作りたいという想いを込めて1951年に産声を上げた。1957年には中心軸に時・分・秒の3針をセットした「オリエントスターダイナミック」、1971年には今年50周年を迎えオリエントスターを支える実用的で高精度の基幹ムーブメント「46系」が誕生。さらに1991年には上質感や審美性を追求したスケルトン「モンビジュ」を発表、1996年には今やオリエントスターのアイコンとなるパワーリザーブインジケーターを装備するなど、国産機械式時計にオリジナリティーあふれる世界を展開してきた。

 2017年には革新的な設計や開発によって腕時計の歴史に数々の業績を樹立するセイコーエプソンと統合。互いの匠の技と独創的なデザイン、高度な先端技術を融合して新たな飛躍の基盤を作り上げた。同年にはその象徴的なモデルとして宇宙の時を刻む機械式時計「メカニカルムーンフェイズ」を発表し、「着ける悦び」「魅せる喜び」「繋ぐ慶び」という3つのよろこびを体現する新生オリエントスターの時計作りが幕開けを告げた。今年に70周年を迎えたオリエントスターは、さらに輝き続けるブランドとして、技術面とともにデザインを進化させていきます。持続時間の向上と美しさを兼ね備えたシリコン製がんぎ車を搭載する先端ムーブメントを導入した「スケルトン」では、「宇宙」を感じるモデルやモチーフを取り入れ、70周年記念限定モデルのデザインには「星雲」を表現した。70周年のテーマは「NOWHERE,NOWHERE(どこにもないもの。それがいま、ここにある。)」。伝統的な職人技を発揮した精緻なものづくり、最新の自社一貫体制による高品質の機械式ムーブメント、そして独創的なデザインが一つになった、まさにここでしか手に入らないMADEINJAPANの逸品をオリエントスターは、日本のみならず海外にも積極的に発信し続けている。

[小売価格]19万8000円(税込)
[発売日]6月3日(木)

エプソン販売=https://www.epson.jp/


このページの先頭へ