その他ニュース

三陽商会、ブランド複合型店舗「SANYO ESSENTIALS」を「ジェイアール名古屋タカシマヤ」にオープン

2021.03.04 13:25 更新

 三陽商会は、昨今の消費者の価値観と行動における大きな変化に対応し、社名でもある“SANYO”の頭文字“S”から3つのキーワードの基、永く愛せるほんとうにいいものを追求する店舗として、3月8日にブランド複合型店舗「SANYO ESSENTIALS(サンヨー エッセンシャルズ)」を「ジェイアール名古屋タカシマヤ」に新たにオープンする。また、3月3日には、「日本橋高島屋S.C.」の「S.ESSENTIALS(エス エッセンシャルズ)」店舗においても「SANYO ESSENTIALS」として、ストアコンセプトを刷新しリニューアルオープンする。

 昨今の社会を取り巻く環境の変化は、“物を永く大事(愛用)にすること” “日常の中の特別感を体感すること” “環境問題と向き合うこと” といった消費者の価値観と行動に大きな変化をもたらしている。今回、このような変化・ニーズに対応し、タイムレスなこだわりと想いがあり、「環境」や「社会」に配慮がなされている素材やものづくりこそが新しい日常のスタンダードになると考え、「SANYOCOAT(サンヨーコート)」と「S.ESSENTIALS(エス エッセンシャルズ)」などを展開する複合型ストア「SANYO ESSENTIALS(サンヨー エッセンシャルズ)」のオープンにいたった。

 「SANYO ESSENTIALS」は、社名でもある“SANYO”の頭文字“S”から3つのキーワードを基に、永く愛せるほんとうにいいものを感じてもらえるストアとのこと。

 「Speciality」~本質を大事にするものづくり~では、永く愛用してもらえるように、素材・デザイン・縫製にこだわり、毎日を積み重ねていくことで愛着をもってもらえるアイテムを展開していく。

 「Story」~伝え続けたい物語~では、作り手の見える背景のある物は生活の中に彩りを加えてくれる存在とのこと。そうした、人に教えたくなる少しの特別を日常に取り入れられるアイテムを展開する。

 「Sustainable」~大切にしたい想いを繋ぎつづける~では、永く愛される服には見た目や言葉だけではわからないタイムレスなこだわりと想いがある。「環境」や「社会」に配慮がなされている素材やものづくりこそ、これからの未来のスタンダードになると考える。

 なお、ジェイアール名古屋タカシマヤの店舗に使用されているネストテーブルやスツールには日本の木を使い、森を守る事業「MOCTION(モクション)」の活動に賛同し東海地方で伐採した間伐材を使用している。

[店舗概要]
店舗名:SANYO ESSENTIALS ジェイアール名古屋タカシマヤ 店
所在地:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 6階
通常営業時間:10:00~20:00
オープン日:3月8日 ※営業時間は施設に準じる
取り扱いの商品は、すべてウィメンズになる

店舗名:SANYO ESSENTIALS 日本橋髙島屋S.C.店
所在地:東京都中央区日本橋2-5-1 新館3階
通常営業時間:10:30~20:00
オープン日:3月3日 ※営業時間は施設に準じる
取り扱いの商品は、「SANYOCOAT」・100年コートについてはメンズ・ウィメンズ。その他はすべてウィメンズになる

三陽商会=https://www.sanyo-shokai.co.jp/


このページの先頭へ