その他ニュース

河淳、KEYUCAからオーダー家具「バリタオーダーテーブル」のパーツを追加し組み合わせを10万通り以上に拡張

2020.12.23 18:27 更新

 「ものづくり」にこだわり、衣食住に関わるオリジナル商品を自社店舗で販売しているKEYUCA(社名:河淳)は、オーダー家具の「バリタオーダーテーブル」の新作パーツを、12月23日から追加、全10万以上通りの組み合わせのオーダーが可能になる。また、バリタシリーズから新たに4型のバリタチェアを来年1月16日から発売する。

 KEYUCAでは、多くの人に長く使ってほしい想いから、環境にも人にも配慮した家具づくりを心がけ、気持ちよく暮らせるためのオーダー家具を届けているという。環境に対してやさしいものづくりをしようという考えから大量生産はしておらず、オーダーを得てから一つひとつ丁寧につくっているとのこと。

 また、あらゆる家具をオーダーメイド仕様にすることで、商品管理を下げ、その分低価格で、より消費者のニーズに合ったものを提供できるよう日夜努力しているという。限りある資源を無駄にせず、一人ひとりの暮らしに寄りそう、環境にも配慮した家具づくりをしている。「必要なときに必要な分だけをつくる」、「オーダー家具をできる限り低価格に」それがKEYUCAのたどり着いたかたちだとか。

 今回、KEYUCAでは、家中をより良い暮らしに変えようとしている人が増加していることを背景に、様々な方のニーズに応えられるよう、新たにバリタオーダーテーブルのパーツを追加した。また、新作のバリタチェアも4型発売する。一人暮らしから家族団らんまであらゆるニーズに対応する商品となっている。

 5年前に発表した良質な無垢材を使用した日本製のダイニングテーブル「バリタオーダーテーブル」は、製作時に出る木材の端材を、鍋敷きやつみき等の商品へと有効活用し、環境に配慮した人気家具とのこと。

 今回、より幅広い消費者のニーズに応えたい想いから新しい天板の形と脚のバリエーションを追加する。暮らしに合わせて材質からサイズ、天板の形、塗装まで全10万通り以上のオーダーが可能になった。環境にも人にもやさしいKEYUCAのオーダー家具は、一人ひとりの暮らしに寄り添うダイニングを提案する。

 「バリタオーダーテーブル」の、天板は、国産の無垢材全6種類の材質で用意した。消費者の要望に合わせて塗装までセレクトができる。小さな子どものいる家庭は、「角を取って安心安全の温かみのある天板に、お絵かきしても問題ないセラウッド塗装仕上げ」、2人家族の人は「コンパクトな天板サイズで、木目が美しく高級感のあるオーク材をセレクトしてカフェ風の雰囲気にオーダー」など、それぞれのニーズやシーンに合わせてオーダーできる。また、脚もバリエーションを追加し、全10種類を用意した。用途や好みに合わせて細部までオーダーすることが可能となっている。天板は幅・奥行き50mm単位でオーダーが可能なので、それぞれの身体のサイズに合わせ、心地よい暮らしへと導く。

 「バリタチェア」の新作チェアは、バリタテーブルと同じ国産の無垢材でオークナチュラルとウォルナットの各2種類のカラーで用意した。全商品、座面を板座ではなく布座とし、ふんわりとした座り心地と、軽さを表現している。布座のカバーは取り外しが可能なので、KEYUCAで3990円(税別)から販売中の替えカバーで模様替えやメンテナンスが簡単にできる。どの商品もデザインの美しさと座り心地の良さの両立を追求した。オーダーテーブルと揃えることはもちろん、既に家庭にあるテーブルに合わせてセレクトできる。また、バリタテーブルと同じく環境に配慮して、椅子の張地の端材は、バッグやクッションカバーへの有効活用を実施している。

[発売日]
バリタオーダーテーブル:12月23日(水)
バリタチェア:2021年1月16日(月)

KEYUCA=https://www.keyuca.com/shopping/


このページの先頭へ