その他ニュース

ボーネルンド、身体遊び遊具「FUN SPORTS」シリーズから「エッグ&スプーンレースセット」など3種を発売

2020.12.16 12:03 更新

 子どもの健やかな成長に「あそび」を通して貢献することを目指し、教育玩具・遊具の輸入・開発・販売とあそび場づくりを行うボーネルンドは、ドイツ シルドクロット社の身体遊び遊具「FUN SPORTS」シリーズから3種を、12月19日に、全国のボーネルンドショップおよびボーネルンドオンラインショップで発売する。

 新型コロナウイルス感染症の拡大によって外で遊ぶ機会が減少した今年、さらに寒さも厳しくなり、家で過ごす時間が増える今の時期は、子どもが十分に身体を動かす機会が限られる。今回、おうちの中や、庭や近所の公園などの身近な屋外でも、しっかりと身体を動かして遊べる遊具が登場する。

 シルドクロット社は、1896年にドイツで生まれたスポーツ用品の老舗ブランドで、子どもが身体を動かす楽しさを体験できる遊具として「FUN SPORTS」シリーズを展開している。本格的なスポーツ用品づくりのノウハウを生かして作られた、いつでもどこでも、子どもが身体を動かして遊べるデザインで支持を集めている。ボーネルンドは、同シリーズから3種の遊具を発売する。

 エッグ&スプーンレースは、スプーンの上に卵を乗せ、落ちないようにゴールまで運ぶレースで、ヨーロッパで昔から親しまれている。小さな子どもでもエッグ&スプーンレースが楽しめるよう、同セットでは、フェルトでできた卵の中身を、プラスチックでできた色とりどりの殻の中に入れ、スプーンに乗せて運ぶ。落として卵が割れると、まるで本物の卵のように中身が飛び出す。ハラハラドキドキのレースで盛り上がりながら、ぐらぐら揺れる卵のバランスを取りながら駆け足で運ぶ中で、全身を使ったバランス感覚を育む。

 このスプーンは裏と表で大きさが異なるので、子どもの発達に応じて乗せる面を選べる。慣れてきたら、片足で挑戦したり、利き手ではない手を使ったり、全速力で走るエリアを決めたりなど、自分で考えたルールを設定することで、年齢や運動能力に応じた楽しさが加わる。また、リレーのように卵をバトンタッチしながら運ぶなど、親子で協力してコミュニケーションをとりながら楽しむこともできる。

[小売価格]各2800円(税別)
[発売日]12月19日(土)

ボーネルンド=https://www.bornelund.co.jp/


このページの先頭へ