その他ニュース

結婚・婚活応援プロジェクト、「第6回 結婚・婚活メディアカンファレンス」を開催、コロナ禍で結婚への意識は高まりネット婚活サービスの需要が急進

2020.12.03 20:34 更新

 一般社団法人結婚・婚活応援プロジェクトは、12月2日に、「第6回 結婚・婚活メディアカンファレンス」を開催した。今回のカンファレンスでは、新型コロナウイルス感染症による結婚意識への影響として、男女ともに結婚願望が高まっており、さらに相手に求める条件として、“収入の安定性”や“長時間の同居、健康面”が重視されるなど、結婚に対する意識の変化などが調査から明らかになったことを発表。また、新型コロナウイルス感染症は婚活へも大きな影響を及ぼしており、テレワークやオンライン授業、飲み会自粛などによって、出会う機会はさらに減少している一方で、新しい出会いの機会としてオンラインデーティングが流行の兆しとなっている点も指摘した。

 「結婚・婚活応援プロジェクトは、オープンでもっと安心した出会いの場を生み出すべく、2015年に発足した」と、結婚・婚活応援プロジェクトの佐藤茂代表理事が挨拶。「急速な少子化、人口減少に歯止めをかけるべく結婚・婚活応援プロジェクトでは、結婚から出産までの希望をかなえるための最大の障壁となる『出会い』の創造に寄与していきたいと考えている」と、イベントやセミナーなどを通じて、男女の出会いの場を創出しているのだと訴える。「結婚相談所、婚活パーティ、街コン、婚活・恋活サイトなどのサービスをもっとオープンに、安心して利用できる社会をめざし、協賛企業の協力のもと、業界のルール作りや出会いに関する啓蒙活動を行っている」と、ガイドラインなどを策定するなどして、人々が安心・安全に婚活サービスを利用できるようにしているとアピールした。

 「婚姻組数は、年々減少しており、今年は58万組だった。生涯未婚の男性は4人に1人、女性は7人に1人となっている。一方、出生率は2006年の1.26を底に回復傾向にあったが、今年は前年より減少して1.36だった」と、婚姻が減り、未婚が増えていることで、出生率も低空飛行を余儀なくされていると嘆く。「今年は新型コロナウイルス感染症の流行で妊娠届出数も大幅に減少した」と、先行きの不透明さから妊娠を控える夫婦が少なくないのだと指摘していた。「こうした社会課題に歯止めをかけるべく、出会いの創出や機運の醸成が急務であるとの認識から、婚活サービスの重要性は高まるものと期待している」と、学校や職場以外でのパートナーとの出会いを求めて、婚活サービスを利用する人は増えるのではないかと予測する。「ここ数年、独身者の婚活サービスの利用は拡大傾向にあり、4人に1人が利用している。特にネット婚活サービスが急速に浸透し、5人に1人が利用。婚活サービスで結婚した人も8人に1人となっている」と、婚活サービスの利用者は予測通り増えており、実際に結婚にまで至るケースも増えていると説明する。「今後はネット婚活サービスの利用者が増えていくものと思われることから、安心・安全を強化する一方、さらなる認知向上を目指していく」を、インターネット型結婚相手紹介サービス認定制度を設けて、健全なサービスの発展をサポートしていく考えであると話していた。

 「今年はコロナ禍によってリアルな出会いの機会が減少している」と、テレワークやオンライン授業、飲み会の自粛などによって、出会いの場はこれまで以上に減っていると指摘する。「一方で、コロナ禍による結婚への意識は高まっており、利用者の80%が意欲的にサービス利用を継続したいとの調査もある」と、結婚への意欲や機運は高まっていると語る。「ネット婚活サービスだけでなく、結婚相談所もオンライン面談のサービスを始めるなど、婚活業界はニューノーマルに適応している」と、新しい形の婚活がみられると説明していた。「それだけに、結婚・婚活応援プロジェクトでは、リアルな場で出会いが減ったとしても、生涯のパートナーを見つける新しい場として、婚活サービスが新しい“アタリマエ”になる世界を目指していく」と、婚活サービスが社会的課題改善の一翼を担っていくと意気込んだ。

 次に、佐藤代表理事が結婚・婚活応援アワードを発表。佐賀県と秋田県がそれぞれ受賞した。

 「佐賀県は、新型コロナウイルス感染症の影響で、結婚式等を挙げることができなくなったカップルに対し、二人の新しいスタートを応援・祝福する『さがウェディング祝福プラン』をスタート。令和2年3月~6月に県内の結婚式場等で結婚式や披露宴を挙げる予定だったが、延期または中止したカップルに支援金10万円と花のギフト券5000円を贈呈した点を評価した。秋田県は、1対1のお見合いAIマッチングとオンラインイベント、オフラインイベントの3つを柱に結婚支援に取り組んでいる点を評価した」と、それぞれの県の受賞理由について言及した。【PR】

一般社団法人結婚・婚活応援プロジェクト=https://kekkon-konkatsu.jp/


このページの先頭へ