その他ニュース

メガハウス、解体パズルシリーズの新商品「一頭買い!!ジンギスカンパズル」を発売

2020.11.27 19:43 更新

 メガハウス(バンダイナムコグループ)は、遊んで学べる立体パズル「KAITAI PUZZLE(解体パズル)」シリーズの新商品「一頭買い!!ジンギスカンパズル」を11月29日(いい肉の日)から順次発売する。さらに、この発売を記念し豪華賞品が当たる松尾ジンギスカンとのコラボキャンペーンを実施する。

 「KAITAI PUZZLE」シリーズは、遊びながら食材の部位を学べる立体型のパズルで、実物と同じ位置に各パーツが並んでおり、部位の名称と位置が一目瞭然でわかる。パーツを組み立てるパズル本来の遊びの楽しさはもちろん、「飾っても可愛い」、「部位の場所と形がわかって勉強になる」、「パーツに部位名が書いてあるのが良い」、「子どもから大人まで楽しめる」等と幅広い年齢の人から好評を得ているという。

 「一頭買い!!ジンギスカンパズル」は、ラム(子羊)の部位がわかる立体パズルとのこと。全37パーツで構成されていて、ジンギスカンで定番の“ラムロース”や“ラムチョップ”はもちろんのこと、食通が喜ぶ“ブレイン”や“シビレ”といった希少部位もパーツで再現している。組み立てて楽しむのはもちろん、パーツを“ジンギスカン鍋シート”に置いてジンギスカンの雰囲気を楽しむこともできる。

 羊毛パーツは取り外し可能で、他パーツと異なる手触りにするなど細部にもこだわった。付属の“毛刈りバサミ”でまるで毛刈りをするかのように遊べ、本体は“毛刈り前”、“毛刈り後”を選んで飾れる。

 組立ても分解も楽しく、ついつい何度も遊んでしまう“沼トイ”で、ラム(子羊)を細部まで堪能してほしい考え。

[小売価格]1580円(税別)
[発売日]11月29日(日)から順次

メガハウス=https://www.megahouse.co.jp/


このページの先頭へ