その他ニュース

大塚家具、リニューアルオープンする「ヤマダデンキ LABI名古屋」にアウトレット品を供給開始

2020.11.19 10:14 更新

 総合インテリア販売の大塚家具は、ヤマダホールディングスとの連携によって、11月20日にリニューアルオープンする「ヤマダデンキ LABI名古屋」に新たにアウトレット品の供給を開始する。

 既にヤマダデンキの都市型店舗LABIや家電住まいる館等、約40店舗に大塚家具の商品を供給しているが、今回は地下1階から5階までの全6フロアのうち、4階、5階にアウトレット品を供給する。大塚家具の閉店・減床店舗の店頭展示品をはじめ、既存店舗の商品入替えに伴う店頭展示品、仕様変更や販売終了に伴う倉庫在庫品など、堀り出し物から有名ブランド品まで、特別価格で販売する。

 10月9日からヤマダ旧LABI新宿東口館で開催している「展示品・在庫品大処分市」や、大塚家具の横浜、大阪南港のアウトレット店舗とあわせて販売終了品や店頭展示品等を販売していくことで既存店舗の展示品入替えの活性化を図り、さらに魅力的な家具、家電を取り揃え、住まいのトータル提案のより一層の向上を進めていくとしている。

[店舗概要]
名称:ヤマダデンキ LABI名古屋
リニューアル日:11月20日(金)
所在地:愛知県名古屋市中村区名駅1-2-5
営業時間:10:00~20:00
最寄駅:名鉄名古屋駅
フロア:地下1階~5階、うち家具販売フロアは4階~5階
展示商品:ソファ、ダイニングテーブル、チェア、ベッド、寝具、リビングテーブル、リビングボード、デスク、デスクチェア、照明、インテリア小物など

大塚家具=https://www.idc-otsuka.jp/


このページの先頭へ