その他ニュース

フィリップ モリス ジャパン、加熱式たばこ「IQOS」を割引価格で提供するキャンペーンを実施、最新モデル「IQOS 3 DUO」のキットが3000円オフに

2020.11.13 11:03 更新

 フィリップ モリス ジャパンは、加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」の味わいをさらに多くの成人喫煙者に楽しんでもらうため、最新モデルを含む「IQOS」のラインアップを最大3000円オフで提供するキャンペーンを、11月13日から29日まで、IQOSオンラインストア、全国9店舗のIQOSストア、全国33店舗のIQOSショップ(ヤマダ電機一部店舗)、全国44店舗のIQOSコーナー(ドン・キホーテ系列一部店舗)で実施する。また、11月16日からは、コンビニエンスストアを含む全国の主要たばこ取扱店でも実施する。

 フィリップ モリス ジャパンでは、企業ビジョンである「煙のない社会」の実現に向けて、紙巻たばこから加熱式たばこへの切り替えを促進する事業活動に力を注いでいる。同社が提供する加熱式たばこ「IQOS」は、専用にブレンドされたたばこ葉を含む専用たばこを加熱して使用するデバイスで、火を使って燃焼せずに350度以下の温度でたばこ葉を加熱させるため、灰や煙が発生しないという。

 また、たばこ葉を燃やさずに加熱することで、紙巻たばこと比較して有害性成分の量を大幅に低減している。「IQOS」から発生するものは、煙ではなく、ニコチンを含むベイパー(蒸気)であり、「IQOS」は成人喫煙者に満足してもらえる煙の出ない(スモークフリー)デバイスとなっている。

 2014年の発売以来、IQOSユーザーは順調に拡大しており、現在では世界のIQOSユーザー数は1600万人を突破し、全世界で1170万人の成人喫煙者が紙たばこをやめ、加熱式たばこに切り替えたと推定されている。また、日本国内のたばこ市場シェアでも、IQOS専用たばこスティックが過去最高となる18.9%を獲得している。

 数ある加熱式たばこの中でも、「IQOS」が多くの成人喫煙者から支持を得ている大きな要因として「味わいの追求」が挙げられる。IQOS専用のたばこスティックは、「マールボロ」シリーズと「ヒーツ」シリーズの2ラインを展開し、産地と種類が異なる選ばれた高品質のたばこ葉をブレンド。「IQOS」デバイスでは、たばこスティックを内側から加熱する「内側直加熱方式」を採用し、300℃の高温でムラなく直接加熱することで、たばこ葉の旨味を引き出している。また、毎秒1000回、精密に温度を計測し、最適な味わいをコントロールしている。

 同社の調査によると、IQOSユーザーの79%が「もう紙巻たばこに戻るつもりはない」と高く満足しており、実際に「味にはとても満足。完全に紙巻たばこを卒業できた」、「2日ほどで味にも慣れ、今では紙巻たばこに戻る気がしない」といった声がユーザーから寄せられているという。

 「IQOS」の販売は今年に入っても好調に推移しており、10月26日には、成人喫煙者からのより吸いごたえの強いレギュラーの味わいを楽しみたいという要望に応え、IQOS専用たばこスティックの新製品「マールボロ・ヒートスティック・リッチ・レギュラー」をリリースした。同品は、IQOS専用たばこスティックの中で最もコクのある強い味わいが特徴で、コクと強さを表す指標が5段階中5と最高評価となっており、リッチに極まる満足感のある旨みと吸いごたえを実現している。

 そして今回、紙巻たばこから加熱式たばこへの切り替えをさらに加速するため、「IQOS」を割引価格で提供するキャンペーンを実施する。キャンペーンでは、たばこスティックを2本続けて使える最新モデル「IQOS 3 DUOキット」を、通常価格から3000円オフで販売。このほかにも、「IQOS 3 DUOホルダー」を1000円オフ、「IQOS 3 MULTIキット」を2000円オフ、「IQOS 3キット」を3000円オフで販売する(一部割引対象外の店舗あり)。キャンペーン期間は11月29日まで。

フィリップ モリス ジャパン=https://www.register-pmj.jp/
IQOSブランドサイト=https://jp.iqos.com/


このページの先頭へ