その他ニュース

グンゼ、「YG」から発熱するコットンを使用したシーズンインナー「HOT-ON COTTON」を発売

2020.10.07 17:43 更新

 グンゼは、メンズアンダーウェアブランド「YG(ワイジー)」から、発熱するコットンを使用したシーズンインナー「HOT-ON COTTON(ホットオンコットン)」を9月に発売した。

 化学繊維を使用した吸湿発熱インナーが主流となる中、「HOT-ON COTTON」は、肌へのやさしさや、天然素材を求めるニーズに着目し、コットンが本来持つ湿気を吸収して発熱する機能を進化させることで、化学繊維を使用した一般的な発熱インナーと比べて約26%あたたかさをアップさせたシーズンインナーとなっている。綿100%のベーシックグループと、綿90%で襟・裾・袖口の縫い目をなくして着心地にもこだわったCUT OFFグループをラインアップする。乾燥しがちな冬の肌にやさしく、静電気も起こりにくいコットンは、汗もしっかりと吸収して寒暖差による汗冷えや、ムレなど冬のストレスも軽減する。

 天然素材の肌ざわりや快適さはそのままに、発熱機能を高めた「HOT-ON COTTON」が、やさしいぬくもりを届ける考え。

[小売価格]1000円~2000円(税別)
[発売中]

グンゼ=https://www.gunze.co.jp/


このページの先頭へ