その他ニュース

ファーストリテイリング、グローバル旗艦店「UNIQLO TOKYO」に「セオリー」「コントワー・デ・コトニエ」の売場をオープン

2020.10.15 15:54 更新

 ファーストリテイリンググループのセオリーとコントワー・デ・コトニエは、10月23日から、ユニクロのグローバル旗艦店「UNIQLO TOKYO」の1階と2階の一部に、売場をオープンする。

 日本随一のショッピング街、銀座・有楽町エリアにおいて、新しい買い物スポットとして認識されつつあるユニクロのグローバル旗艦店「UNIQLO TOKYO」は、銀座・有楽町を訪れる消費者に向けて、「LifeWearのすべてをここに」をコンセプトに、最新の商品を発信し、世界最高のサービスを実感してもらえる店舗として、今年6月にオープンした。

 “LifeWear”は、あらゆる人々のライフスタイルのニーズを満たす、完璧な服づくりを目指すファーストリテイリンググループのコミットメントとのこと。今回オープンするニューヨークのコンテンポラリーブランドであるセオリー、およびフランス・パリを代表するブランド、コントワー・デ・コトニエの売場では、ユニクロと同じく高品質で着心地の良さを持つ服を手に取り、購入することができる。消費者には、LifeWearのすべてが詰まった「UNIQLO TOKYO」で、ユニクロ、セオリー、そしてコントワー・デ・コトニエの3つのブランドの服を自由にコーディネートしてもらい、服を選ぶ楽しさと喜びを、感じてもらいたい考え。

[店舗概要]
店舗名:Theory TOKYO/COMPTOIR DES COTONNIERS TOKYO
所在地:東京都中央区銀座3丁目2-1 マロニエゲート銀座2
    1階(セオリー)/2階(コントワー・デ・コトニエ)
売場面積:各約20坪
取扱商品:セオリー メンズ、ウィメンズ/コントワー・デ・コトニエ ウィメンズのみ
オープン日:10月23日(金)

ファーストリテイリング=https://www.fastretailing.com/jp/


このページの先頭へ