その他ニュース

青山商事、「洋服の青山」のアウトレット店を神奈川県相模原市と大阪市北区に出店

2020.09.30 17:53 更新

 青山商事は、「洋服の青山」のアウトレット店を神奈川県相模原市と大阪市北区に出店する。「相模原店」は10月2日、「梅田店」は10月15日にオープンするす。アウトレット店の出店は「洋服の青山」として初めてで、各店で販売している旧商品を中心とするアウトレット品を集約した価格訴求の店として、商品の割安感をアピールしていく考え。

 今回出店するアウトレット店は既存店をリニューアルする。どちらの店舗も売場面積200坪以上(相模原店:223坪、梅田店:235坪)の大型店で、メンズスーツで1800着以上を常時用意していく。アイテムは、スーツ・ジャケット・コート・シャツ・シューズ・バッグといったメンズ・レディスのビジネス商品から、フォーマル・カジュアルまで幅広く取り揃えている。販売価格は通常価格の最大70%OFFとし、メンズスーツが「5700円(税別)~」など価格の安さが魅力となっている。

 「相模原店」は関東有数の交通量を誇る国道16号線沿い、「梅田店」はJR大阪駅や阪急梅田駅から徒歩5分圏内という立地の良さから広域からの集客が見込まれる。店舗は看板のアウトレット掲示を赤色で強調することで印象的な外観とした他、分かりやすい店内演出や選びやすい商品陳列を行うなど、売場づくりにも工夫を施した。今回のアウトレット店では、各店で販売しているアウトレット品を集約することで在庫消化を促進するとともに、一般店の売場の鮮度向上につなげていく考え。

 同社では、2019年10月に店頭商品の価格を改定し、従来の割引ありきの価格表示を見直した。これに伴い、「洋服の青山」の一般店では大幅な割引販売を廃止し、適正価格での販売とともに商品本来の品質の良さや機能性などを打ち出す商品訴求の営業に注力している。この一方で、今回のアウトレット店では価格の安さを前面に打ち出すことで価格志向の需要を取り込んでいく考え。

[店舗概要]
店舗:
 アウトレット相模原店
  所在地:神奈川県相模原市中央区相模原6丁目7番12号
  営業時間:10:00~20:00(年中無休)
  売場面積:223坪
  開店日:10月2日(金)  アウトレット梅田店
  所在地:大阪府大阪市北区芝田2丁目6番30号
  営業時間:10:30~20:30(年中無休)
  売場面積:235坪
  開店日:10月15日(木) 取扱商品:
 メンズ商品(スーツ・ジャケット・スラックス・シャツ・ネクタイ・シューズ・コート・フォーマル・カジュアルなど)
 レディス商品(ジャケット・スカート・パンツ・インナー・パンプス・バッグ・コート・フォーマル・カジュアルなど)
商品割引率:最大 70%OFF(特別価格商品を除く)

青山商事=https://www.aoyama-syouji.co.jp/


このページの先頭へ