その他ニュース

田中貴金属ジュエリー、より資産性の高い「純金製仏具」5種を発売

2020.09.18 13:14 更新

 1892年に創業した貴金属の老舗ギンザタナカ(田中貴金属ジュエリー:以下、ギンザタナカ)は、新作仏具「純金 花立」「純金 線香差」「純金 線香立」「純金 仏飯器」「純金 火立」を10月15日からギンザタナカ直営店およびオンラインショップで発売する。

 ギンザタナカの貴金属製仏具は、ギンザタナカで取り扱う工芸品全体の売り上げの約3割を占める主力商品群のひとつとのこと。供養の想いをかたちにしているだけでなく、子孫に受継ぐことのできる資産としても近年注目を集めている。今回、消費者からの多数の要望を受け、さらに資産性の高い純金製仏具を発売する。30年以上に渡って顧客に親しまれてきたギンザタナカの仏具商品群に新たに純金製が加わり、選択の幅が広がる。

 新たに登場する「純金製仏具」シリーズは、供養のための基本の道具である「三具足(みつぐそく)」と呼ばれる火立、線香立、花立を含む5アイテムとのこと。デザインはギンザタナカで販売している仏鈴のフォルムに合わせて製作している。単品購入だけでなくシリーズで揃えることも想定して、それぞれを仏壇に配置した際に調和のとれたデザインとしている。丸みを帯びた柔らかい印象のフォルムと表面の光沢仕上げによって純金の美しい輝きを存分に楽しめる。

 純金製ならではの高級感と温かみのある色合いは仏壇の中でひと際輝き、大切な人を供養するのにふさわしい特別感を演出する。稀少な貴金属の不変で無垢な輝きと高い資産性は、世代を超えて受け継ぐことも可能で、手元で末永く愛用できる。

 ギンザタナカはこれからも「ゴールドを、もっと自由に。」をコンセプトに、「持つ、身につける、眺める、使う、贈る」とあらゆるかたちで、いっそう自由な楽しみかたで、「ゴールドの魅力」と「心はずむ瞬間(とき)」を提供していく考え。

[小売価格]86万2500円~326万2500円(税込)
※金相場によって価格が毎日変動する。小売価格は金税込小売価格7500円/gで計算している
[発売日]10月15日(木)

田中貴金属ジュエリー=https://www.ginzatanaka.co.jp/


このページの先頭へ